本文へ進みます
ページの先頭へ戻ります

ヤマハ発動機株式会社

ここから本文です

レース結果

レース結果(リザルト)とレースの展開をレポート形式でご覧いただけます。


■大会名称:MotoGP第10戦ドイツGP
■開催日:2005年7月31日(日)
■開催地:ドイツ/ザクセンリンク(1周3.671km)
■周回数:25周(91.775Km)■コースコンディション:ドライ
■気温:21度■路面温度:29度
■PP:N・ヘイデン(ホンダ/1分22秒785)
■FL:S・ジベルナウ(ホンダ/1分23秒705【第1レース】)



YZR-M1のロッシが最終周の逆転で今季8勝目

 最終周、トップを走るジベルナウ(H)がオーバーランするところをインから抜いたロッシ(Y)が首位を奪還しそのままチェッカー。今季8勝目を飾った。 30周の決勝の序盤はヘイデン(H)、ロッシ、バロス(H)、ジベルナウらが先頭集団を形成。しかし6周目にホプキンス(S)が転倒、そのマシンがコースを塞ぎ赤旗中断。5周までの順位でもう一度グリッドに並び直し、25周の再レースとして決勝が行われた。

 再レースのグリッドは1列目にヘイデン、ロッシ、バロス、2列目にジベルナウ、メランドリ(H)、カピロッシ(D)。エドワーズ(Y)は7番手で3列目。ヘイデンが上手くスタートして先頭に立つが、2周目にロッシがトップに、3周目にはジベルナウがトップに立つ展開。中盤10周目ごろからは、ジベルナウ、ロッシ、ヘイデン、バロス、ビアッジ、中野(K)の順でこの6選手が約2.5秒に詰める一列走行で先頭グループを形成。ロッシは13周目にヘイデンに抜かれて3位に順位を落とすが、18周目に再びヘイデンを抜いて2番手に浮上し、ジベルナウを追う。その後終盤はジベルナウ、ロッシ、ヘイデンの3人が0.5秒内の僅差につまる接戦に。ジベルナウとロッシが0.16秒差で最終周に突入するが、この周ジベルナウがオーバーランしてその間にロッシがトップに立ち0.6秒差で優勝。自己通算76度目のGP優勝を達成した。これはM・ヘイルウッドと並ぶ3位の記録。またシリーズポイントではランキング2位のメランドリとの差を120ポイントに拡大した。エドワーズは8位。エリアス(Y)12位、チャウス(Y)13位となり、ヤマハライダー全員が完走しポイントを獲得した。



V・ロッシ選手談(優勝)
「とても厳しい戦いだった。金曜日はセッティングがまったくうまくいかず、大きな問題も抱えていた。チームとヤマハのおかげでその最悪の状態から抜け出すことができて、少しずつ問題も解決した。決勝も決して楽ではなかった。あるところでは速いがあるところでは遅れてしまう。でも全体的にマシンがよく走ってくれた。一時ニッキーに抜かれたが、幸い抜き返すことができて最終ラップのセテとのバトルに備えた。ところがセテがミスをおかし、前に出ることができた。彼のミスがなかったらどうなっていたか、それはわからない。でも僕は必ずどこかで仕掛けていただろう。ヘイルウッドの通算76勝に並んだことで、彼に謝らなくちゃ。だって自分の記録に並ばれるのは誰だって気分のいいものじゃない。ヘイルウッドは偉大なライダーだ。その彼に並べたことはとても嬉しいよ」


C・エドワーズ選手談(8位)
「できるだけのことはやった。でもその過程を振り返ってみれば、やはり別の方向性を試してみるべきだったのだと思う。金曜日の時点ではバレンティーノも同じように苦しんでいたが、彼がその後、驚くほどの変化を見せたのに対して、僕のほうは変われなかった。決勝も本当に厳しくてトップグループにはついて行くことができなかった。セクション1、2、4は良かったが、セクション3でコンマ3秒も遅れてしまう。良かったところを探すとすれば、ジベルナウ、ビアッジ、メランドリ、そして僕の4人が互いにわずか4ポイント差でランキングを競っているということ。夏休み後のブルノを楽しみにしている」


D・ブリビオ、ゴロワーズ・ヤマハ・チーム監督談
「厳しいウイークだったが、最後には勝つことができた。また少しリードを広げて夏休みを迎えられることは嬉しいことだ。ライダー、チーム、メーカー、すべてのカテゴリーでトップに立っているのだ。コーリンもまた、今日はうまくいかなかったが、ランキングではいいところにつけている。シーズン前半を終了ししばらく休みに入るが、後半戦もこのままの状態で再開できるよう願っている」


T・エリアス選手談(12位)
「難しい戦いだった。それにこのコースは以前の怪我にも厳しかった。それでもウイークを通じてチーム全体が懸命の努力をした。そして今朝のウォームアップでまた大きな変更を行って良い方向性も見えてきたのだが、決勝で十分な成果をあげるまでには至らなかった。もちろんもっと上でゴールしたかったが、重要なのは常に前進し続け、そしてポイントを獲得し続けることだ。怪我を治し体調をしっかり整えるために、ちょうど良いタイミングで夏休みを迎えられたと思う」


R・チャウス選手談(13位)
「今朝のウォームアップではかなり良い感じになっていたが、決勝は予選グリッドが悪かったことが響いてやはり厳しい戦いになった。1周目の混乱を避けられたのはラッキー。再スタート後も良く乗れていたので、ヤマハの乗り方がかなりわかってきたのだと自信を持てるようになった。休みの間はアンドラへ行って後半戦に備える予定」


技術開発室MotoGPグループ YZR-M1プロジェクトリーダー中島雅彦談
「ここザクセンリングは前半のインフィールドセクション、後半のストレートと回りこんだコーナーを繋いだ高速セクションで構成され、アップダウンが激しく、バンピーでグリップが悪いエンジニア泣かせのサーキットです。それだけにスムーズなエンジン特性、シャーシの安定性が要求されるます。レースは僅差の激しい争いとなりましたが、ロッシ選手の優勝、コーリン選手、エリアス選手、チャウス選手を含め全員ポイント獲得はYZR-M1の進化を実感できました。昨年は厳しい結果だっただけに我々スタッフにとっては大きな喜びです。これでレースは1ヵ月弱のサマーブレークとなりますが終盤戦に向けて更なるパワーアップを図りたいと思います」



順 位

ライダー

チーム

マシン

タイム

1

V・ロッシ

Gauloises Yamaha Team

Yamaha

35'04.434

2

S・ジベルナウ

Movistar Honda MotoGP

Honda

35'05.119

3

N・ヘイデン

Repsol Honda Team

Honda

35'05.319

4

M・ビアッジ

Repsol Honda Team

Honda

35'06.799

5

A・バロス

Camel Honda

Honda

35'07.289

6

中野真矢

Kawasaki Racing Team

Kawasaki

35'08.991

7

M・メランドリ

Movistar Honda MotoGP

Honda

35'16.703

8

C・エドワーズ

Gauloises Yamaha Team

Yamaha

35'19.283

9

L・カピロッシ

Ducati Marlboro Team

Ducati

35'27.923

10

玉田誠

Konica Minolta Honda

Honda

35'32.263

11

K・ロバーツ

Team Suzuki MotoGP

Suzuki

35'46.533

12

T・エリアス

Fortuna Yamaha Team

Yamaha

35'51.738

13

R・チャウス

Fortuna Yamaha Team

Yamaha

36'04.609

14

R・ロルフォ

Team Dntin Pramac

Ducati

36'12.148

15

F・バッタイーニ

Blata WCM

Blata

35'21.155





順 位

ライダー

マシン

ポイント

1

V・ロッシ

Yamaha

236

2

M・メランドリ

Honda

116

3

S・ジベルナウ

Honda

115

4

C・エドワーズ

Yamaha

114

5

M・ビアッジ

Honda

113

6

A・バロス

Honda

101

7

N・ヘイデン

Honda

101

14

R・チャウス

Yamaha

36

16

T・エリアス

Yamaha

29



順 位

コンストラクター

ポイント

1

Yamaha

240

2

Honda

202

3

Kawasaki

93

4

Ducati

82

5

Suzuki

60

6

BlataWCM

5

7

ProtonKR

1

7

Moriwaki

1

本文はここまでです このぺージの先頭へ

関連メニュー


ご利用規約 | 推奨環境・プラグイン | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問合せ