本文へ進みます
ページの先頭へ戻ります

ヤマハ発動機株式会社

ここから本文です

レース結果

レース結果(リザルト)とレースの展開をレポート形式でご覧いただけます。


■大会名称:MotoGP第13戦マレーシアGP
■開催日:2005年9月25日(日)
■開催地:マレーシア/セパン(1周5.548km)
■観客:47,338人
■周回数:21周(116.508km)
■気温:40度■路面温度:51度
■コースコンディション:ドライ
■PP:L・カピロッシ(ドゥカティ/2分01秒731)
■FL:N・ヘイデン(ホンダ/2分02秒993)



YZR-M1のロッシが2位表彰台でタイトル決定!

ゴロワーズ・ヤマハ・チームのV・ロッシが2位を獲得し、シーズン終了を待たずにチャンピオンを決定した。ロッシにとっては最高峰クラスで5シーズン連続のタイトル獲得で、125cc、250ccと合わせ7度目のチャンピオン。最高峰クラスにおける5タイトルはM・ドゥーハン、G・アゴスチーニに続き3人目の記録。決勝レース後には、7つのタイトルを記念し、また伝説のライダー、バリー・シーンにちなんでゼッケン7のTシャツを着てファンクラブ主催の祝勝会にロッシは出席。さらに白雪姫や7人の小人に扮するなど忘れがたいシーンを見せた。  予選7位と苦しんだロッシは、今朝のウォーミングアップで足回りのトラブルやセッティングの問題を解決してくれたメカニックたちに感謝の気持ちを表した。優勝はL・カピロッシ。またロッシのチームメイトのC・エドワーズはフロントのセッティングに悩んで10位だった。

 ロッシは予選7番手、グリッド3列目からスタート。レースはカピロッシ(ドゥカティ)の好スタートで開始され、中野(カワサキ)、メランドリ(ホンダ)、ヘイデン(ホンダ)らが続き1周目を終了。2周目に先頭グループの中野とジベルナウが接触転倒。ロッシは8周目にヘイデンをかわして2番手に。その後ロッシは中盤、カピロッシを抜いて一時トップを走り、その後二人は抜き差しを繰り返すが、後半はカピロッシが逃げ切り優勝した。



V・ロッシ選手談(2位)
「今日のレースは勝つことができなかったが、それでもこうしてチャンピオンを決めることができて、とっても嬉しい!しかも予選中から厳しい状況が続いていたので、2位になれただけでも十分な進歩。いいレースだったし、楽しいバトルだったよ。今シーズンは大勢が僕らに挑んできたわけだし、みんなとても強かったから、その分も嬉しさが倍増っていう感じなんだ。このタイトルは僕だけのものじゃなくて、ヤマハ、メカニック、エンジニアはもちろん、僕を支えてくれたすべての人々が力を合わせて勝ち取ったもの。ヤマハで走り、彼らと一緒に戦うことに満足しているし嬉しく思う。ひとつひとつの勝利に格別の感動がある」


C・エドワーズ選手談談(10位)
「シーズン緒戦のヘレスと同じ失敗をしてしまったんだ。というか実際には逆方向だったんだけど…。今朝のウォームアップで構造の異なるフロントタイヤを履いて、それまでの問題を解決した。でも変わってしまったバイクのバランスのほうは直す時間がなくなって、リアのほうが序盤からだめになった。そのあとはまさにサバイバル。でも最終的には、どこが悪かったのかがわかったので、次のカタールを楽しみにしている。バレンティーノにはおめでとうを言いたい」


J・バージェス、ロッシのクルーチーフ談
「もてぎで決められるはずだったが、1週間延びて今、こうして祝うことができた。チーム全体にとって厳しいウイークだったが、ウォームアップで何ヵ所かの変更を加え、表彰台を狙えるだけのマシンをバレンティーノに与えることができた。シーズン開始当初から望み通りのバイクができ上がっていた。ヤマハが我々の要求にしっかりと応えてくれたからだ。13戦中9勝は素晴らしい記録。ライダー、バイク、チームすべてが揃って成し得た快挙だ。これ以上望むことなどあるだろうか」


T・エリアス選手談(11位)
「非常にタフなレースだった。フロントエンドに問題があって、グリップがないから気分に良く乗れなかったんだ。金曜と土曜は何も問題なかったのに、どうしてなんだろう? 次のレースのためになんとしても解決しておかないと…。いずれにしても僕らとしては、常にベストを尽くしてこのまま前進あるのみ」


R・チャウス選手談(15位)
「昨日からあまり調子が良くなくて、夜もほとんど眠れなかった。今日はスタートで失敗。リズムをつかむまでに時間がかかってしまった。残りの4レースはどこも好きなコースなので、好成績を目指し、また自分自身楽しんで乗れるようにしたい。自信をもって乗れないとしたらうまくゆくはずがない。これからも戦い続けていく」


ヤマハ発動機(株)技術開発室・北川成人室長談
「今年は当社の創立50周年という記念の年でもあり、2年連続のチャンピオン獲得を目標に絶対に負けられないという強い決意でここまで戦って来ました。もちろん日本GPでチャンピオンが決められなかったことは、応援して下さった日本のファンの皆さんには申し訳ない気持ちで一杯ですが、今回のレースでは優勝こそ逃したもののエキサイティングなレース展開の末、見事2年連続のタイトルを獲得することが出来ました。これはロッシ選手の類まれな才能と、我々の勝利へのたゆまざる努力が最高の形で実を結んだ結果と自負しています。残りレースは後4戦となりましたが、我々のもうひとつの目標であるメーカータイトルの獲得に向けて全力を尽くして参ります。引き続き皆様の熱いご声援をお願いしたいと思います」


YZR-M1開発プロジェクトリーダー・中島雅彦談
「コースコンディションやライバル勢の攻防が激しく、予選段階から厳しいレースウイークでしたが、皆様のご声援のおかげで、納得のいくレースができました。セットアップにゴールはありませんが、限られた時間、状況の中で、昨日から今日にかけてチームとしてやるべきことをやり尽くし、戦闘力を高めたマシンをライダーに託しました。そしてロッシ選手らしいライディングで、見事その期待に応えてくれたと思います。ライダー、チーム、メーカー、3つのチャンピオン獲得を目指して始めた今シーズン、まずは一つの目標をクリアできたことで、少し肩の荷が降りた気がします。とはいえ残り4戦、まだまだ気を緩められない状況ですので、新たな気持ちでレースに望み、今回得たものを次に繋げていきたいと思っております。ヤマハチーム一丸となって最後まで戦い抜きますので、引き続きご声援のほど、よろしくお願いいたします」



順 位

ライダー

チーム

マシン

タイム

1

L・カピロッシ

Ducati Marlboro Team

Ducati

43'27.523

2

V・ロッシ

Gauloises Yamaha Team

Yamaha

+1.999

3

C・チェカ

Ducati Marlboro Team

Ducati

+2.069

4

N・ヘイデン

Repsol Honda Team

Honda

+9.227

5

M・メランドリ

Movistar Honda MotoGP

Honda

+15.886

6

M・ビアッジ

RepsolHonda Team

Honda

+16.826

7

K・ロバーツ

Team Suzuki MotoGP

Suzuki

+17.249

8

A・バロス

Camel Honda

Honda

+18.221

9

J・ホプキンス

Team Suzuki MotoGP

Suzuki

+20.125

10

C・エドワーズ

Gauloises Yamaha Team

Yamaha

+22.275

11

T・エリアス

Fortuna Yamaha Team

Yamaha

+29.856

12

玉田誠

Konica Minolta Honda

Honda

+51.672

13

R・ロルフォ

D’Antin MotoGP Pramac

Ducati

+1'05.365

14

S・バーン

Camel Honda

Honda

+1'19.106

15

R・チャウス

Fortuna Yamaha Team

Yamaha

+1'19.356





順 位

ライダー

マシン

ポイント

1

V・ロッシ

Yamaha

281

2

M・ビアッジ

Honda

159

3

L・カピロッシ

Ducati

142

4

C・エドワーズ

Yamaha

139

5

M・メランドリ

Honda

137

6

N・ヘイデン

Honda

134

15

T・エリアス

Yamaha

43

16

R・チャウス

Yamaha

43



順 位

コンストラクター

ポイント

1

Yamaha

295

2

Honda

251

3

Ducati

152

4

Kawasaki

97

5

Suzuki

85

6

BlataWCM

10

7

ProtonKR

1

7

Moriwaki

1

本文はここまでです このぺージの先頭へ

関連メニュー


ご利用規約 | 推奨環境・プラグイン | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問合せ