本文へ進みます
ページの先頭へ戻ります

ヤマハ発動機株式会社

ここから本文です

レース結果

レース結果(リザルト)とレースの展開をレポート形式でご覧いただけます。


■大会名称:MotoGP第14戦カタールGP
■開催日:2005年10月1日(土)
■開催地:カタール/ロサイル(1周5.380km)
■周回数:22周(118.36km)
■気温:39度 ■路面温度:45度
■コースコンディション:ドライ
■PP:L・カピロッシ(ドゥカティ/1分56秒917)
■FL:N・ヘイデン(ホンダ/1分57秒903)



YZR-M1のロッシが今季10勝目!ゴロワーズ・ヤマハチームのチームタイトル決定

 6日前にチャンピオンを決定したゴロワーズ・ヤマハチームのロッシは、ラスト2周のメインストレートで先行するメランドリ(ホンダ)を抜いてトップにたち、そのまま逃げ切り今季10勝目。1シーズンでの10勝はヤマハにとって初記録。チームメイトのエドワーズは4位。この結果ゴロワーズ・ヤマハチームのチームタイトルが決定した。

 ポール発進のカピロッシ(ドゥカティ)は1周目こそトップを走るが徐々に後退。序盤をリードしたのはジベルナウ(ホンダ)。それにヘイデン(ホンダ)、ロッシ、エドワーズ(ヤマハ)、メランドリ(ホンダ)が続いて4周目を終了。5周目以降はジベルナウ、ロッシ、メランドリ、ヘイデンの4選手がトップグループ。12周目、トップのジベルナウに1秒強遅れてロッシ、それにテールツーノーズでメランドリがつける展開になる。

 ロッシはその後挽回し17周目にジベルナウに0.2秒差まで詰め寄るも、その直後ラインを外し3番手に後退。これで首位争いはジベルナウとメランドリの争いとなるが、ジベルナウがコースアウトで後退。単独トップに立ったメランドリをロッシが猛烈に追い上げる展開でラスト4周に突入。ロッシは何度もパスを試み、ラスト2周を残した直線でメランドリをかわし、続く21周目にこの日の自己ベストとなる57秒910を叩き出し引き離しに掛かる。最終ラップも二人のテール・ツー・ノーズで迎え、メランドリはコーナー進入で一瞬トップに浮上するも、アウトに膨らみロッシにトップを譲る。ロッシはそのまま振り切って優勝。エドワーズは4位、エリアス(ヤマハ)はバロス(ホンダ)との抜き差しを制して8位となった。  



V・ロッシ選手談(優勝)
「素晴らしいレースだった!とても楽しくて、僕にとっては今シーズン中、最高のレースだ。去年はいやな思い出が残っているので、今年はどうしてもここで勝ちたかったんだ。ライバルはふたり。僕を含めた3人は皆とても調子が良くて、最初から最後まで100%以上の力を出して戦った。僕のマシンは最後の数周がとても速かったので、チームとヤマハに感謝している。メランドリは最終ラップでも仕掛けてきたが、抑えることができた。10勝目、とてもとても嬉しいよ!」


C・エドワーズ選手談(4位)
「昨日の時点でもう十分に仕上がっていたが、さらにリアグリップを上げようと、今朝、違うタイヤを試した。これは他のライダーが使っているのと同じものなのだが、僕は別のタイヤでセットアップしてきてしまったので、やはり変えることができなかったんだ。コーナーでフロントをプッシュしてしまい、言うことを聞いてくれなかった。これは次のフィリップアイランドまでに解決しなければならない問題。今回は優勝を狙っていたし、そのチャンスが十分にあっただけに残念。でもその一方で、僕の今日のポイントがチーム・タイトル決定に役立ったのは嬉しかった」


D・ブリビオ、ゴロワーズ・ヤマハ・チーム監督談
「今日は素晴らしいレースを見せてもらった。バレンティーノの優勝、そしてチーム・タイトルの獲得と嬉しいかぎりだ。バレンティーノは去年ここで嫌な思いをしているので、今回はどうしても勝ちたかった。コーリンの4位は、本人は決して満足ではないが、貴重なポイントを獲得できた。今回はすべてが順調で、2台とも申し分のない仕上がりだった。そしてふたりがチーム・タイトル獲得に貢献してくれたのだ。ふたりとも次のフィリップアイランドは好きなので、楽しみだ」


T・エリアス選手談(8位)
「残念。初めからずっと順調だったのに、他のライダーたちもどんどん調子を上げてきて、結局僕を上回ってしまった。反省点は最初の数周のためのセッティングがうまくいっていなかったこと。燃料が減ってきてからようやくペースが上がり追い上げることができたんだ。でも、もう終わってしまったことだから、これからまた少しずつ改善できるように頑張るだけ」


R・チャウス選手談(14位)
「フロントに問題があった。ハード・コンパウンドを選んだが消耗してしまって、コーナーで思うようにリーンできなかった。タイヤの限界を超えてしまえばバイクの挙動が激しくなる。ハードに攻めてもタイムはほとんど上がらなかったので、冷静に走りきることに決めたんだ」


YZR-M1開発プロジェクトリーダー・中島雅彦談
「マレーシアに引き続き猛暑での戦いとなりました。ここカタールのドーハは砂漠の中にあり、厳しい暑さと砂塵で、マシン、人間にとって過酷な環境です。昨年の”ドーハの悲劇”を教訓にマシンには暑さ、砂塵対策を充分に施し、予選を落ち着いて戦うことができました。レースは激しいドッグファイトでしたが、セットアップの仕上がりも良く、ロッシ選手は彼本来のすばらしい走りで期待に応えてくれました。ロッシは選手は今季10勝目、このサーキットを得意としているエドワード選手は安定した走りで4位を確保、前戦から調子を上げてきているエリアス選手が8位、ルーベン選手が14位と全車ポイントを獲得し、昨年のリベンジを果たしました。これでチームチャンピオンシップが決定、我々の次の目標であるコンストラクターズタイトル獲得を目指して残り3戦、全力でサポートして行きたいと思います。皆様のご声援よろしくお願いします」



順 位

ライダー

チーム

マシン

タイム

1

V・ロッシ

Gauloises Yamaha Team

Yamaha

43’33.759

2

M・メランドリ

Movistar Honda MotoGP

Honda

+1.670

3

N・ヘイデン

Repsol Honda Team

Honda

+5.536

4

C・エドワーズ

Gauloises Yamaha Team

Yamaha

+14.737

5

S・ジベルナウ

Movistar Honda MotoGP

Honda

+20.431

6

C・チェカ

Ducati Marlboro Team

Ducati

+31.432

7

中野真矢

Kawasaki Racing Team

Kawasaki

+32.983

8

T・エリアス

Fortuna Yamaha Team

Yamaha

+39.888

9

A・バロス

Camel Honda

Honda

+41.792

10

L・カピロッシ

Ducati Marlboro Team

Ducati

+44.252

11

K・ロバーツ

Team Suzuki MotoGP

Suzuki

+48.745

12

R・ロルフォ

D’Antin MotoGP Pramac

Ducati

+1'01.991

13

S・バーン

Camel Honda

Honda

+1'04.805

14

R・チャウス

Fortuna Yamaha Team

Yamaha

+1'13.824

15

J・エリソン

Blata WCM

Blata

+2'08.642





順 位

ライダー

マシン

ポイント

1

V・ロッシ

Yamaha

306

2

M・ビアッジ

Honda

159

3

M・メランドリ

Honda

157

4

C・エドワーズ

Yamaha

152

5

N・ヘイデン

Honda

150

6

L・カピロッシ

Ducati

148

15

T・エリアス

Yamaha

51

16

R・チャウス

Yamaha

45



順 位

コンストラクター

ポイント

1

Yamaha

320

2

Honda

271

3

Ducati

162

4

Kawasaki

106

5

Suzuki

90

6

BlataWCM

11

本文はここまでです このぺージの先頭へ

関連メニュー


ご利用規約 | 推奨環境・プラグイン | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問合せ