本文へ進みます
ページの先頭へ戻ります

ヤマハ発動機株式会社

ここから本文です

レース結果

レース結果(リザルト)とレースの展開をレポート形式でご覧いただけます。


■大会名称:MotoGP第2戦ポルトガルGP
■開催日:2005年4月17日(日)
■開催地:ポルトガル/エストリルサーキット(1周4.182km)
■観客数:80,000人
■周回数:28周(117.096km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:17度 ■路面温度:19度
■PP:A・バロス(ホンダ/1分37秒202)
■FL:A・バロス(1分38秒480)



ロッシ、2位表彰台でランキングトップをキープ

天候の変化に翻弄され難しい展開となった第2戦ポルトガルGPで、ゴロワーズ・ヤマハ・チームのV・ロッシは2位を獲得。C・エドワーズは残り4周、4位走行中に転倒して順位を下げ6位となった。  予選4位からスタートしたロッシは4周目にM・ビアッジ(ホンダ)をパスして3位に浮上。しかし前の2台、A・バロス(ホンダ)とS・ジベルナウ(ホンダ)のペースは速く、なかなか追いつくことができない。  残り20周で雨脚が強くなると白旗が提示され、ピットストップ&マシン交換が許可されたが、雨や路面の状況から全車が続行を選択。難しいコンディションのなかで17周目にはトップ走行中のジベルナウが転倒し、ロッシがそのまま2位に上がった。一方のエドワーズは20周目、メランドリをパスして4位まで上がっていたが、第1コーナーで転倒。すぐに再スタートして6位でチェッカーをくぐった。  フォルトゥナ・ヤマハ・チームのR・チャウスとT・エリアスは、それぞれ10位と14位。エリアスは前日の転倒によるひざの怪我に悩まされた。



V・ロッシ選手談(2位)
「ほんとうに難しいレースだった。コンディションが変わりやすく、水たまりがあちこちにできていた。初めは小雨だったがだんだんひどくなり、コースの前半はかなり濡れていた。このなかでスリックで走るのはとても恐ろしいことだった。それでも2位を獲得することができて、20ポイントをゲットすることができてハッピー。  ウエットレースの新しい規則は、テレビ放映用には面白いが安全面で完璧とは言えない。でもレーシング・スポーツにおいて完璧なルールを作るというのは不可能なことなんだ」


C・エドワーズ選手談(6位)
「転倒は残念だったが、それ以外では良いレースができたと思う。ヘレスの時とはまったく違うフィーリングになっていて、ロッシやバロスに楽について行ける気がしていたんだ。でも前半はメランドリにつかまってしまい、その間にふたりは逃げてしまった。そしてようやく前に出て差をつめようとした時に転倒してしまったんだ。自分のミスに悔しい思いをしたが、全体としては大きく前進したと思うので次ぎにつなげたい」


D・ブリビオ、ゴロワーズ・ヤマハ・チーム監督談
「路面がドライからウエットに変わる、難しいコンディション。完走したすべてのライダーにおめでとうを言いたい。そのなかでバレンティーノはミスをおかすこともなく2位でゴール、貴重な20ポイントを獲得した。一方のコーリンも前回のヘレスに比べ大きな前進が見えた。転倒はあったがすぐに再スタートし、6位という好位置でフィニッシュできた。ここからがほんとうの勝負だ」


R・チャウス選手談(10位)
「ウイークを通じてどんどんペースが上がってきていたので、今日はドライのレースを望んでいた。しかしコンディションは非常に厳しく、また4列目からのスタートでなかなかリズムがつかめず苦労した。ほとんどひとりきりで走っていた感じで、まるでレースが永遠に続くかのような気持ちになっていた。次の上海は晴れてほしい」


T・エリアス選手談(14位)
「難しいレースだった。初めは良かったが、終盤には怪我の影響でかなりきつくなってしまった。天候の変化にも悩まされた。それでも今回のレースはとても良い経験になった。こうしてひとつひとつ学んでゆきたい」



順 位

ライダー

チーム

マシン

タイム

1

A・バロス

Camel Honda

Honda

47'14.053

2

V・ロッシ

Gauloises Yamaha Team

Yamaha

+2.771

3

M・ビアッジ

Repsol Honda Team

Honda

+6.071

4

M・メランドリ

Movistar Honda MotoGP

Honda

+29.546

5

C・チェカ

Ducati Marlboro Team

Ducati

+29.774

6

C・エドワーズ

Gauloises Yamaha Team

Yamaha

+44.126

7

N・ヘイデン

Repsol Honda Team

Honda

+57.121

8

中野真矢

Kawasaki Racing Team

Kawasaki

+59.847

9

L・カピロッシ

Ducati Marlboro Team

Ducati

+1'07.718

10

R・チャウス

Fortuna Yamaha Team

Yamaha

+1'22.431

11

T・ベイリス

Camel Honda

Honda

+1'33.529

12

K・ロバーツ

Team Suzuki MotoGP

Suzuki

+1'34.051

13

R・ロルフォ

D’Antin MotoGP - Pramac

Ducati

+1'35.956

14

T・エリアス

Fortuna Yamaha Team

Yamaha

+1'36.492

15

J・エリソン

Blata WCM

Blata

+2laps





順 位

ライダー

マシン

ポイント

1

V・ロッシ

Yamaha

45

2

A・バロス

Honda

38

3

M・メランドリ

Honda

29

4

M・ビアッジ

Honda

25

5

S・ジベルナウ

Honda

20

6

中野真矢

Kawasaki

19

8

C・エドワーズ

Yamaha

17

13

R・チャウス

Yamaha

6

14

T・エリアス

Yamaha

6



順 位

コンストラクター

ポイント

1

Honda

45

2

Yamaha

45

3

Kawasaki

19

4

Ducati

17

5

Suzuki

6

6

Blata

1

本文はここまでです このぺージの先頭へ

関連メニュー


ご利用規約 | 推奨環境・プラグイン | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問合せ