本文へ進みます
ページの先頭へ戻ります

ヤマハ発動機株式会社

ここから本文です

レース結果

レース結果(リザルト)とレースの展開をレポート形式でご覧いただけます。


■大会名称:MotoGP第1戦スペインGP
■開催日:2006年3月26日(日)
■開催地:スペイン/ヘレスサーキット (1周4.423km)
■観客数:131,000人(3日間241,000人)
■周回数:27周(119.421km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:22度 ■路面温度:33度
■PP:L・カピロッシ(ドゥカティ/1分39秒064)
■FL:L・カピロッシ(1分41秒248)



YZR-M1のロッシ、転倒するも14位で完走!

レースはポールスタートのカピロッシ(D)とモトGPデビュー戦のペドロサ(H)との一騎討ちとなるが、終盤カピロッシが逃げきって優勝した。

予選9番手・グリッド3列目からスタートしたロッシ(Y)は開始直後の第1コーナーでエリアス(H)と接触して転倒、トップから50秒近く離され最後尾からの追い上げとなるが、殆んどの周回を1分42秒台の安定したペースで力走し結局14位で完走、2ポイントを獲得した。ロッシのチームメイト、エドワーズ(Y)はロッシの転倒を避けようとしてコースアウト、最後尾から2番目まで順位を下げるが挽回し11位となった。今年からヤマハに復帰のチェカは、序盤7番手につけるが徐々に後退し結局13位に終わった。



C・エドワーズ選手談(11位)
「ロッシもうまくスタートして、一緒に第1コーナーに入っていったんだ。そしたらエリアスがインに入ってきて…僕はそのあとのことも全部見ていたよ。でも正直なところロッシは転ばないと思ったから、スピードを落とさずにアウトへ回ろうとしたんだ。ところが彼が転倒してしまって僕も行き場を失ってグラベルへ出るしかなかった。結果的にはこのことで全てが終わってしまったわけなんだけど、今回はもともと、しっかりと戦える状態にはなっていなかったんだ。だからこんなことになって本当に残念で、今は早くここを離れたい気持ち。明日はまたテストがあるけど、カタールへ行けばきっとうまくいくと思う。あそこはテストも好調だったからね」


V・ロッシ選手談(14位)
「難しいレースになることはわかっていたことだが、ここまでのことになるとは思わなかったよ!エリアスがインに寄ってくるのが見えて、次の瞬間にはもうぶつかっていた。でもレースにはよくあることさ。エリアスは何年も前から知っているけど、とてもいいやつ。レースのあとで謝りに来たから、こう言ったんだ。次はちゃんとブレーキをかけてね、それでも間に合いそうになかったら、僕じゃなくて他の人に当たって、てね!再スタートしてからはアレックス・ホフマンといいバトルができたけど、開幕戦はどうしても勝ちたいと思っていたからやっぱり残念。でも、こればっかりはどうしようもないね。こういうことが2度とないように仕事に励むだけ。次のレースを楽しみにしてるよ」


D・ブリビオ、キャメル・ヤマハ・チーム監督談
「今回は何から何までうまくいかなかったという印象。金曜日の午前中、雨が降ってテストをしたくてもできなかった、あの時からずっと不運が続いていたような感じだ。問題がまだ残っていたことは明らかで、マシンは思うように走ってくれなかった。だからどうしてもその原因を突き止めたいんだ。できれば明日のテストでね。データは豊富にあるし、チームの全員が全力で頑張っている。セパン、カタール、カタルニアではタイムも良かったのでパニックになることはない。次のレースが楽しみだ。あのアクシデントのあともふたりが全力を尽くし、懸命に走りきってくれたことが嬉しい。次は運が味方してくれることを望む」

辻幸一(ヤマハ発動機モトGPグループ)談
「今回のレースでは、スタートでロッシ選手が転倒、それにエドワーズ選手が巻き込まれるトラブルがあり、残念な結果に終わりました。それでもロッシ選手が最後まであきらめずに完走してくれた事に感謝していますし、4人全員完走できた事は大きな収穫として、次のレースにうまく活かしたいと思います。今日得たデータをもとに、明日は居残りテストを実施し、次のカタールには万全の体制で望みたいと思いますので、ご声援をお願いいたします」



順 位

ライダー

チーム

マシン

タイム

1

L・カピロッシ

Ducati Marlboro Team

Ducati

45'57.733

2

D・ペドロサ

Repsol Honda Team

Honda

+4.375

3

N・ヘイデン

Repsol Honda Team

Honda

+9.996

4

T・エリアス

Fortuna Honda

Honda

+10.135

5

M・メランドリ

Fortuna Honda

Honda

+19.547

6

C・ストーナー

Honda LCR

Honda

+21.237

7

中野真矢

Kawasaki Racing Team

Kawasaki

+21.372

8

K・ロバーツ

Team Roberts

KR211V

+32.414

9

J・ホプキンス

Rizla Suzuki MotoGP

Suzuki

+32.659

10

玉田 誠

Konica Minolta Honda

Honda

+35.983

11

C・エドワーズ

Camel Yamaha Team

Yamaha

+37.930

12

C・バーミューレン

Rizla Suzuki MotoGP

Suzuki

+39.514

13

C・チェカ

Tech 3 Yamaha Team

Yamaha

+42.829

14

V・ロッシ

Camel Yamaha Team

Yamaha

+1'05.766

15

A・ホフマン

Pramac dユAntin MotoGP

Ducati

+1'23.300

16

J・エリソン

Tech 3 Yamaha Team

Yamaha

+1L





順 位

ライダー

マシン

ポイント

1

L・カピロッシ

Ducati

25

2

D・ペドロサ

Honda

20

3

N・ヘイデン

Honda

16

4

T・エリアス

Honda

13

5

M・メランドリ

Honda

11

6

C・ストーナー

Honda

10

11

C・エドワーズ

Yamaha

5

13

C・チェカ

Yamaha

3

14

V・ロッシ

Yamaha

2



順 位

コンストラクター

ポイント

1

Ducati

25

2

Honda

20

3

Kawasaki

9

4

KR211V

8

5

Suzuki

7

6

Yamaha

5

本文はここまでです このぺージの先頭へ

関連メニュー


ご利用規約 | 推奨環境・プラグイン | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問合せ