本文へ進みます
ページの先頭へ戻ります

ヤマハ発動機株式会社

ここから本文です

レース結果

レース結果(リザルト)とレースの展開をレポート形式でご覧いただけます。


■大会名称:MotoGP第2戦カタールGP 決勝
■開催日:2006年4月8日(土)
■開催地:カタール/ロサイル (1周5.380km)
■周回数:22周(118.36km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:26度 ■路面温度:41度
■PP:C・ストーナー(ホンダ/1分55秒683)
■FL:V・ロッシ(ヤマハ/1分57秒305)



YZR-M1のロッシが優勝!

ヤマハ、ホンダ、ドゥカティの上位3選手が約1秒内で最終周に突入する接近戦の末、ヤマハYZR-M1を駆るロッシがヘイデン(ホンダ)に0.9秒差をつけ優勝を飾った。ロッシにとってはモトGP(GP最高峰クラス)で54回目の勝利。これで通算優勝回数ではM・ドゥーハンと並ぶ2番手となり、あとはトップのG・アゴスチーニ(68勝)を追うだけとなる。

予選6番手・グリッド2列目イン側発進のロッシは、序盤から3番手につけ上位をうかがう。ポール発進のストーナー(ホンダ)が先行して展開する序盤、後方にヘイデン、ロッシが付ける。6周目にロッシとヘイデンは激しい抜き差しを繰り返すがロッシがヘイデンをパスし、先を行くストーナーを追う。10周目に入る第1コーナー進入でロッシはストーナーをパスして首位に浮上。その後もロッシはトップを維持するが、中盤から徐々に後退するストーナーに替わりヘイデンが12周目に2番手まで浮上してロッシの後ろに迫る。そしてヘイデンは、19周目の第1コーナー進入でロッシをインから差しトップに上がるが、次の周同じところで今度はロッシが抜き返して決着。その後の終盤3周はロッシがその差を拡大しトップでチェッカーを受けた。

 C・エドワーズはフロントに問題を抱えて厳しい展開。グリッド8位から好スタートを切り一時は6位まで上げたが、ハイペースをコンスタントにキープすることができず、徐々に順位を下げて9位でチェッカーを受けた。

テック3ヤマハ・チームのC・チェカとJ・エリソンはそれぞれ12位と13位。エリソンは初めてのチャンピオンシップ・ポイントを獲得した。1周目にふたりの目の前でドピュニエ(カワサキ)が転倒したため最後尾まで順位を下げてしまったが、懸命のライディングで挽回を図っての結果。



V・ロッシ選手談(優勝)
「素晴らしいレースだった。かなりハードだったけど、楽しかったんだ。YZR-M1も今日は絶好調。周回が進んでグリップが落ちてくると振動もなくなった。だから終盤はすごく速くなったんだ。またファステストラップを3周めで出しているので、YZR-M1の実力を証明できたと思う。この勝利は、ポイント獲得の面で重要な意味を持つが、それ以上にメンタル面での意義が大きい。ストーナーを追いかけ、彼のタイヤが消耗してきたところで勝負に出た。そのあとは差を広げられると思っていたが、ニッキー(ヘイデン)がついてきたので懸命に抑え込んだ。また、これでドゥーハンの記録に並んだので、あと僕の前にいるのはアゴスチーニだけだ。ヘレスは悪夢だったが、ここで目が覚めた。ジェレミーはじめ頑張ってくれたスタッフ全員に感謝している」


C・エドワーズ選手談(9位)
「スタートがうまくいって、そのあとも5周くらいは好調だった。ところがその次の周にはフロントが3回も切れこんで、危うく転倒するところだった。タイヤが流れるにはまだ早すぎると思ったのでもう一度プッシュしてみたがうまくいかず、そのあとはペースを緩めてゴールを目指した。プラクティスでは1分57秒2が出ていたが、決勝では3秒も落ちているので何か問題があったことは間違いない。明日のテストで原因を調べたい」


D・ブリビオ、キャメル・ヤマハ・チーム監督談
「今週は難しい状況がいろいろあったので、こうして優勝で終わることができて本当に嬉しい。どんなときでもチームが一丸となって努力したことは素晴らしかった。コーリンは問題を抱えていたので、こういうときこそチームのサポートが重要。なんとか、ふたり揃って上位を走れるようになりたいからだ。課題はまだあるが、今日、重要なポイントを獲得することができたのはとても嬉しいこと。この調子で次回も頑張っていきたい」


C・チェカ選手談(12位)
「マシンもタイヤも素晴らしかった。チームも僕もこのことは非常に嬉しく思っている。怪我のほうも今日はずいぶん楽になったが、やはりまだ影響があったので、次のイスタンブールまでにはなんとか治したい。チームは常に前進を続けているので、次のレースでは万全の状態で臨めると思う」


J・エリソン選手談(13位)
「とても、とてもハッピー!1周目に他の転倒に巻き込まれてしまったけれど、これがなかったらもっと上へ行けたと思う。マシンがとても乗りやすくなったので、ハードに攻めることができるようになった。1周で2秒ずつ縮めていたが、玉田をなかなか抜けず順位が上がらなかった。タイヤは最後までほとんど変わらず持ってくれた。これで貴重なポイントを獲得できたので、この調子で頑張っていけばきっといい結果につながるだろう」


H・ポンシャラル、テック3ヤマハ・チーム監督談
「総合的に見て充実したウイークだった。マインもタイヤも好調で、レース距離を問題なく走りきった。今日のこの強風と、カルロスの体調を考えれば、かなりいい成績を残すことができたと言っていいだろう。ドピュニエの転倒に巻き込まれたのは不運だったが、ふたりとも最後まで懸命に走ってくれた。結果には満足しているし、ここまでの経過にも自信を持っている」


辻幸一(ヤマハ発動機モトGPグループ)談
「強風の中のレースでしたが、見事バレンティーノが優勝を飾ってくれました。予選はセカンドグリッドでしたが、3回のフリー走行を通じ、マシンバランスが良く、初日から決勝レースを見据えたセッティングに集中できたことが、この結果をもたらしたと思います。レースウイークを通じ、順調な仕上がりをみせていたコーリンですが、レースでは9位にとどまりました。
テック3・ヤマハ・チームのカルロスは左肩の痛みにもめげずに12位、ジェームスも13位とヤマハ全車がポイントを獲得したことは、今後にとって非常に価値のあるものでした。
次戦はトルコ/イスタンブールで開催されます。今後とも皆様のご声援をよろしくお願いいたします」



順 位

ライダー

チーム

マシン

タイム

1

V・ロッシ

Camel Yamaha Team

Yamaha

43'22.229

2

N・ヘイデン

Repsol Honda Team

Honda

+0.900

3

L・カピロッシ

Ducati Marlboro Team

Ducati

+1.494

4

S・ジベルナウ

Ducati Marlboro Team

Ducati

+4.638

5

C・ストーナー

Honda LCR

Honda

+7.575

6

D・ペドロサ

Repsol Honda Team

Honda

+10.820

7

M・メランドリ

Fortuna Honda

Honda

+11.784

8

T・エリアス

Fortuna Honda

Honda

+19.481

9

C・エドワーズ

Camel Yamaha Team

Yamaha

+22.920

10

K・ロバーツ

Team Roberts

KR211V

+34.286

11

中野真矢

Kawasaki Racing Team

Kawasaki

+35.316

12

C・チェカ

Tech 3 Yamaha Team

Yamaha

+49.245

13

J・エリソン

Tech 3 Yamaha Team

Yamaha

+1'01.469

14

玉田 誠

JIR Konica Minolta Honda

Honda

+1'10.778

15

A・ホフマン

Pramac d’Antin MotoGP

Ducati

+1'22.051





順 位

ライダー

マシン

ポイント

1

L・カピロッシ

Ducati

41

2

N・ヘイデン

Honda

36

3

D・ペドロサ

Honda

30

4

V・ロッシ

Yamaha

27

5

T・エリアス

Honda

21

6

C・ストーナー

Honda

21

11

C・エドワーズ

Yamaha

12

14

C・チェカ

Yamaha

7

16

J・エリソン

Yamaha

3



順 位

コンストラクター

ポイント

1

Ducati

41

2

Honda

40

3

Yamaha

30

4

Kawasaki

14

5

KR211V

14

6

Suzuki

7

本文はここまでです このぺージの先頭へ

関連メニュー


ご利用規約 | 推奨環境・プラグイン | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問合せ