本文へ進みます
ページの先頭へ戻ります

ヤマハ発動機株式会社

ここから本文です

レース結果

レース結果(リザルト)とレースの展開をレポート形式でご覧いただけます。


■大会名称:MotoGP第3戦トルコGP
■開催日:2006年4月30日(日)
■開催地:トルコ/イスタンブール (1周5,340km)
■観客数:38,123人
■周回数:22周(117.48km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:16度 ■路面温度:21度
■PP:C・バーミューレン(スズキ/2分04秒617)
■FL:T・エリアス(ホンダ/1分52秒877)



YZR-M1のロッシが4位獲得!

ホンダの4選手が最終周まで接戦を展開する中、M・メランドリが僅差で優勝、今季初優勝を果たした。キャメル・ヤマハ・チームのV・ロッシは予選11番手・グリッド4列目真中からのスタート。スタート直後9番手につけるが2周目にミスし14番手まで後退。しかし6周目に10番手、11周目に8番手、16周目に5番手まで浮上。ロッシは終盤トップグループに匹敵する53秒台を連発し追い上げるも差は縮らなかったが、最終周に先行するD・ペドロサ(ホンダ)が転倒し4位に滑り込んだ。これでロッシは、グランプリでの通算ポイント獲得数でM・ビアッジの記録を抜いてトップに立った。

 レースはポール発進のC・バーミューレン(スズキ)のリードで開始。2周目からはS・ジベルナウ(ドゥカティ)が首位に立ちリード。ジベルナウはその後中盤までレースを引っぱるが11周目を過ぎたころから徐々に後退。代わって首位にたったのが予選14番手から追い上げてきたメランドリ。後半は、そのメランドリ、そしてペドロサ、C・ストーナー(ホンダ)、N・ヘイデン(ホンダ)の4選手がダンゴ状態で首位争いを展開。18周目にストーナーがトップへ浮上すると、すぐ後方にメランドリがつき最終ラップに入る。最終周にメランドリがストーナーをさし僅差で優勝した。

ヤマハのエドワーズは予選9番手グリッド3列目スタート。中盤8番手を走るがその後、後退。ラスト2周のところで中野真矢(カワサキ)に抜かれ9位でフィニッシュした。



V・ロッシ選手談(4位)
「スタートはうまくいったが、そのあとヘレスの第1コーナーのアクシデント、250ccクラスのロレンツォの身に起こったことを考えてしまっていたんだ。だからイン側のラインを取ったら4〜5台分損をした。1周目終了までにかなり挽回したが、次の周にまたブレーキングでミスをして3秒くらい遅れてしまったので、この時点で表彰台獲得のチャンスはなくなってしまった。今回はたくさんの問題があったが、今朝のウォームアップのあとで大幅な改良を加え、そのなかのいくつかを解決することができた。とくにレース後半は本当に楽しんで走ることができた。  明日はここでテストを行なうので、どのくらいの成果が得られるか、どのくらい前へ進めるか楽しみだ。チャンピオンシップは長いので、今重要なことは現在のランキングやトップとのポイント差ではなく、マシン性能をできる限り引き出せるようにすること。今年は厳しい戦いで、マシンに問題があればひとつやふたつの順位でなく10人分も後退してしまうだろう。トップ争いはとても見応えのあるバトルになっているようなので、自分がそこに加われないことが悔しい。今のところはまだ、上位7人にタイトルのチャンスがあると考えているが、いずれにしても長い長い道のりだ」


C・エドワーズ選手談(9位)
「今回はウイークを通じて何もできなかったというような感じ。ただ座って原因を考えるだけだ。戦いはいつでも厳しいものだが、今回はマシンに対して、コースへ出て行ってライバルたちと競り合うだけのフィーリングや自信が持てなかった。明日はここでテストを行なうので、少しでも多く走り込み、何とかこの状況から抜け出したいと思う。レースウイークは十分な時間がないので、これらの問題を克服するのは難しい。次の中国までにできるかぎりたくさんのデータを集めようと思っている。この状態をいつまでも続けるわけにはいかないので、次回こそ何かをつかみたい」


D・ブリビオ、キャメル・ヤマハ・チーム監督談
「今日のバレンティーノのペースからすれば、表彰台は楽に獲得できたはずだし優勝も不可能ではなかった。プラクティス、予選の厳しい状況から考えれば大きな前進だ。3ラップ目には7秒の差があったが、大勢をパスしながらもさらにその差を縮めることに成功した。そうは言っても決して満足のいくものだったわけではないし、依然として多くの課題が残っている。それでも我がチームには非常にポジティブなふたりのライダーがいて、チームを引っ張って良い雰囲気を作り出してくれるので、明日のテストも一丸となって頑張っていくだろう。今朝、バレンティーノのマシンに行なった変更はうまくいったので、これをさらに進めたい。厳しい戦いだったが、良いところもたくさんあった」


C・チェカ選手談(15位)
「今日のレースは、マシンセッティングをゼロの状態から完全に新しく作り直し、タイヤも新しいものを履いて臨んだので、どんなことになるのか自分でもわからなかった。スタートはうまくいってその後もハードに攻めていくことができたが、3周目にフロントが滑ってコースアウトしてしまった。再スタート後ももう一度スライドが起きたのでペースを緩め、後ろに下がってタイヤを温存することに決めた。これが良かったのかレース終盤にべストタイムが出た。また終盤には肩のほうの問題も出てきて苦しかった。結果的にこのセッティングはあまり良くなったようだ。でももう時間がなかったし何かに決めなければならなかったんだ。そして残念なことに方向を間違えてしまったのだと思う。今回はあまりいいところがなかったが、いつも言っているように、今はダンロップにとって勉強の段階。大切なのは我々が少しでも多くの情報を彼らに提供できるようにすることだ。彼らが前進すれば我々も前進する。これが今の最大の目標だ。それから次の中国までに肩が完全に良くなるよう望む」


J・エリソン選手談(18位)
「まるで毎回、言い訳をしているようで嫌になってしまうが、今回はセッティングがうまくいかなかった。でも全員がベストを尽くして頑張ったのだから誰のせいでもないと思っている。それにヤマハライダーの4人全員がセットアップに問題を抱えていたようだ。カタールで手応えをつかむことができたので、今回もきっとうまくいくと思っていたのだが…。金曜日の時点では方向性が見えていたが、今日は気温が上がってしまったのでデータがあまり役に立たなくなった。様々な要因が絡み合っていて、すべてをうまく組み合わせていかなければならないが、今日はそれができなかった。本当に残念だ」


H・ポンシャラル、テック3ヤマハ・チーム監督談
「厳しい戦いだった。それでも良かったところは、1日目はドライ用タイヤ、2日目はウエット用タイヤを使用して多くのデータをダンロップに提供できたこと。それにレースのほうも、見た目ほど悪かったわけではない。決勝中のペースは金曜日よりも良かったし、カルロスは終盤にベストタイムを出してきた。速さは十分にあったが、肩の怪我が邪魔したことは間違いない。決してこの結果に満足するわけにはいかないが、仕事の内容は良かったと思っている。カルロスの積極性、計画性に感謝したい。彼のようなライダーがひとりいてくれれば、必ず前へ進めると信じている」


辻 幸一(ヤマハ発動機モトGPグループ)談
「非常にテクニカルなサーキットを攻略するまでには至らず、予選で思うような好位置につけなかったことが、レース結果に現れていると思います。グランプリウイークを通じて天候に翻弄され、満足のいくセッティングを煮詰めきれず、決勝レース直前まで、多くのトライを続けました。ロッシ選手は11番手スタートながらレース中盤からマシンのフィーリングが改善されたことで猛チャージし、表彰台にあと一歩の4位でフィニッシュ。チームメートのコーリン選手も納得のいくセットアップでなかったものの着実な走りで9位。テック3ヤマハ・チームのカルロスとジェームス選手もそれぞれ15位、18位でフィニッシュし、ヤマハライダー全員が完走を果たすことができました。ここまで3戦を通じ、マシンは着実に進歩していると実感しております。次戦は中国/上海グランプリです。皆様のご支援、ご声援をお願いいたします」



順 位

ライダー

チーム

マシン

タイム

1

M・メランドリ

Fortuna Honda

Honda

41'54.065

2

C・ストーナー

Honda LCR

Honda

+0.200

3

N・ヘイデン

Repsol Honda Team

Honda

+5.458

4

V・ロッシ

Camel Yamaha Team

Yamaha

+6.209

5

T・エリアス

Fortuna Honda

Honda

+6.587

6

L・カピロッシ

Ducati Marlboro Team

Ducati

+16.682

7

C・バーミューレン

Rizla Suzuki MotoGP

Suzuki

+16.777

8

中野真矢

Kawasaki Racing Team

Kawasaki

+21.537

9

C・エドワーズ

Camel Yamaha Team

Yamaha

+22.847

10

玉田 誠

Konica Minolta Honda

Honda

+30.483

11

S・ジベルナウ

Ducati Marlboro Team

Ducati

+30.543

12

R・ド・ピュニエ

Kawasaki Racing Team

Kawasaki

+34.284

13

K・ロバーツ

Team Roberts

KR211V

+45.112

14

D・ペドロサ

Repsol Honda Team

Honda

+53.525

15

C・チェカ

Tech 3 Yamaha Team

Yamaha

+59.855

18

J・エリソン

Tech 3 Yamaha Team

Yamaha

+1'33.015





順 位

ライダー

マシン

ポイント

1

N・ヘイデン

Honda

52

2

L・カピロッシ

Ducati

51

3

M・メランドリ

Honda

45

4

C・ストーナー

Honda

41

5

V・ロッシ

Yamaha

40

6

D・ペドロサ

Honda

32

9

C・エドワーズ

Yamaha

19

14

C・チェカ

Yamaha

8

17

J・エリソン

Yamaha

3



順 位

コンストラクター

ポイント

1

Honda

65

2

Ducati

51

3

Yamaha

43

4

Kawasaki

22

5

KR211V

17

6

Suzuki

16

本文はここまでです このぺージの先頭へ

関連メニュー


ご利用規約 | 推奨環境・プラグイン | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問合せ