本文へ進みます
ページの先頭へ戻ります

ヤマハ発動機株式会社

ここから本文です

レース結果

レース結果(リザルト)とレースの展開をレポート形式でご覧いただけます。


■大会名称:MotoGP第6戦イタリアGP
■開催日:2006年6月4日(日)
■開催地:イタリア/ムジェロサーキット(5.245km)
■観客数:89,200人(3日間合計148,256人)
■周回数:23周(120.635km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:20度 ■路面温度:29度
■PP:S・ジベルナウ(ドゥカティ/1分48秒969)
■FL:L・カピロッシ(ドゥカティ/1分50秒195)



YZR-M1のロッシ、地元で今季2勝目を飾る!

YZR-M1のV・ロッシは、L・カピロッシ(ドゥカティ)との接近戦を制し今季2勝目を飾った。チームメイトのC・エドワーズは2周目コースアウトで後退するが、挽回し12位で完走、自らの連続ポイント獲得記録を27に伸ばした。

レースは、S・ジベルナウ(ドゥカティ)のホールショットで開始。1周目の中頃にはロッシがトップに立ちレースをリードする。ロッシ、ジベルナウ、中野真矢(カワサキ)、M・メランドリ(ホンダ)、C・ストーナー(ホンダ)らが続く展開。その後2〜4周はジベルナウが先頭で牽引するが、ロッシは5周目から首位を奪いレースをリード。ロッシ、ジベルナウの2台を先頭にストーナー、メランドリ、D・ペドロサ、ヘイデン、カピロッシの7選手が先頭集団で進む。9周目にストーナーが転倒リタイヤしトップ集団は6台となる。

レースが大きく動いたのは15周目。ロッシのリードで終盤を迎えたこの周、第1コーナー進入で、後方から追い上げてきたカピロッシとジベルナウがロッシを抜いて先行。ロッシは3番手に下がり、直後にメランドリ、ヘイデンにも抜かれロッシは5番手まで後退。しかしロッシは16周目にまずジベルナウをパスし4番手に挽回。

続く17周目、ロッシはメランドリをパス。そして18周目、ロッシが得意とする下りながらスロットルを開けるカサノバコーナー脱出でヘイデンをインからパス、これで2番手まで挽回。先行するカピロッシとの一騎討ちが終盤の見所となる。

ラスト2周となった22周目の4〜5コーナー(マテラッシ&ボルゴ・サン・フォレンツコーナー)で、ロッシはカピロッシを抜きトップに返り咲く。そして最終周、第1コーナー進入で瞬間的にカピロッシに先行を許すもロッシはインのラインを守りきってコーナー出口では再びトップに。ロッシは懸命に追うカピロッシを0.5秒差で振り切って優勝した。なおヤマハのC・チェカは予選13番手スタートで、前半13番手を走るが終盤後退し15位でフィニッシュ。J・エリソンは16位で完走した。



V・ロッシ選手談(優勝)
「僕の全部のレースキャリアのなかでも最も厳しいバトルだったよ。好スタートを切ってセテをパスしたあと、そのまま逃げたいと思ったんだけど、できなかった。今日の彼は本当に強かった。ロリスがどこにいたのか、ずっとわからなかった。彼はスタートミスをしていたんだね。でもそのあと彼が追いついてきた時には、大変な戦いになるとすぐにわかったよ。だからまずは先に行かせてついて行くことにしたんだけど、彼の後ろにあんなに大勢のライダーが迫っていたとは…。それがみんな前へ行っちゃったんだ!で、一気に5位まで落ちてしまったもんだから、すべては最初からやり直し…。本当に見応えのあるいいレースになったと思う。そして最終的には、異なるメーカー、異なるタイヤ、でも同じ国のふたりの戦いになったことは素晴らしいよ!これはモーターサイクル・スポーツ全体にとってもいいニュース。だってもしも僕が、最終ラップでどっちが勝つか賭けるとしたら、どっちにも決められないほど悩んじゃうだろうからね。最後の2周は息もできていなかったんじゃないかと思うほどだけど、最後までやり遂げることができて本当に嬉しい。しかもそれを大勢の母国のファン、家族、友人の目の前でできたことは、特別に感動的。今晩はチャンピオンシップのことは考えず、今日のこの一戦だけを思い出すだろう」


C・エドワーズ選手談(12位)
「今朝のウォームアップで大変更を行った。バレンティーノがセッティングしたニューフレームを使用したんだ。昨日までのマシンでは無理なことがわかっていたからね。1コーナー進入は、いつもよりもちょっと早めにブレーキをかけたが、前の選手がインに寄って僕の目の前に入ってきて行き場を失ってコースアウトしてしまった。そのあとはもうレースじゃなくてニューフレームのテスト・セッションみたいなものになった。ニューフレームの感触は悪くなかったが、リアのグリップがもう少し欲しい感じだったので、僕のスタイルに合わせていかなければならないだろう。明日はここで本当のテストがあるので、それを中心に、レースウイークでやりきれなかったことを、できればすべてやりたいんだ」


D・ブリビオ、キャメル・ヤマハ・チーム監督談
「最終コーナーのバトルは本当に素晴らしかった。おかげでバレンティーノ&イタリアにとってパーフェクトな一日になった。これこそ、今まで苦しんできた我々が必要としていたこと。バレンティーノの優勝を我々が、そして本人がどれだけ待ち望んでいたことか…。ヤマハは懸命の努力でマシンをここまで戦えるレベルに戻してくれた。このあとはシーズン終了までずっと、勝利を狙って戦っていけるだろうと信じている。ここまで厳しい戦いが続いていたので、支えてくれたスタッフ全員に心から感謝している。苦しかったけれども決してあきらめない姿勢を見せてくれた彼らに、そのハードワークと信頼に報いることができたと思う。一方、コーリンのほうは思いどおりにはいかなかった。でも貴重なデータを集めてくれたので次のバルセロナでは上位に上がってくると信じている」


C・チェカ選手談(15位)
「ル・マンのテストで大きな成果を挙げたところだったので、今回はいい走りができると信じていただけにこの結果は残念。強いタイヤをチョイスしたつもりだったが、結果的には2、3周しかもたなかった。3周後には性能が落ち、8周目にまたさらに悪くなって、レース後半はとくにリアがかなりひどい状態だった。他メーカーのライダーといいバトルができていたし、ついて行けると考えていたが、それが長くは続かなかったんだ。問題はリアが安定しなかったことで、このためにレースを通してペースをキープするということが困難だった。ル・マンのテストが成功していたし今回もプラクティス、予選を通じて多くを学んでいたのでチームはいいムードになっていた。今はそうした楽観的なムードが消えてしまったので、これからはとにかく向上を目指して頑張るだけだ。明日またテストがあるので、また何かを吸収して少しでも前進したい。そしてそのための新しい方向性を見つけたい」


J・エリソン選手談(16位)
「スタートは悪くなかったんだ。それで最初の2、3コーナーで数台をパスすることができた。彼らを引き離してカルロスについていけると考えていたが、わずか数周でリアタイヤのグリップが低下してしまいペースを維持できなくなった。それまでが好調だっただけに悔しくて仕方がない。彼らについて行くことができれば彼らの走りもわかったのに…。ダンロップには良いタイヤがある。でもサーキットごとにそこに合ったものを探し出さなければならなくて、それがなかなか、今のところは難しい状況なのだと思う。明日のテストで少しでも良い結果を出したいと思っている。思うようにレースができないことは本当に辛いことなので、できるかぎり早く解決策を見つけ出し、決勝で最後まで戦える状態にもっていきたいんだ」


H・ポンシャラル、テック3ヤマハ・チーム監督談
「昨日の予選が終わった時点では、バーミューレンやド・ピュニエにもっと近づけると考えていたので、今日の結果はとても残念だ。スタートは良かったし、最初の数周はとても速かったけれど、まもなくグリップしなくなってしまって後半戦は非常に長く感じた。カルロスはできるかぎりのことをトライしてくれたが、結局ポジションを上げることはできなかった。ル・マンのテスト、そして今回のプラクティス、クオリファイはとても順調だったので、もっと良い結果を期待していた。明日はテストを予定していて課題もすでにわかっているので、なんとか晴れてほしいと願っている。努力あるのみだ。ジェームスについては、彼もやはり最初の3、4周はとても速かったが、その後カルロス同様、グリップに悩まされた。今シーズンは厳しい戦いになるとういことは初めからわかっていたことだが、正しい方向性が見つかって少しずつでも前進すればチームはさらに結束していい状態になる。そんななかで今回のようなことが起こると受け止めきれないような気持ちになってしまうのだが、これがレースというものなんだ。本当に厳しい時期が、ときに訪れるのだということをしっかりと理解しておかなければならないと思う。ここまで進んできた道のりをさらに前進するために、次のバルセロナは好天に恵まれることを望むばかりだ」


辻 幸一(ヤマハ発動機モトGPグループ)談
「シーズンも3分の1を消化した中、少しでもポイント差を詰めるべく背水の陣で臨みました。またロッシの地元ということもありライダー、スタッフ一同、初日から気合が入っていました。レースは今週末で最も天候に恵まれた中で行われ、多くのお客様が見守る中、見事ロッシが優勝を果たしました。予選3番手フロントロウからスタートのロッシはライバルとの接近戦で一時的に5位に後退した場面もありましたが、最後は1位でチェッカーを受けることが出来ました。チームメートのエドワーズはスタート後に、コースアウトして最下位まで後退するも別次元の走りで挽回し12位。チェカとエリソンも苦しいレースではありましたが最後までプッシュしつづけそれぞれ15位・16位でチェッカーを受けることができました。次戦はスペイン/バルセロナで開催され、その後オランダ、イギリスと3週間連続開催となります。この好調さを持続して頑張りますので皆様のご支援、ご声援をお願いいたします」



順 位

ライダー

チーム

マシン

タイム

1

V. ロッシ

Camel Yamaha Team

Yamaha

42'39.610

2

L・カピロッシ

Ducati Marlboro Team

Ducati

+0.575

3

N・ヘイデン

Repsol Honda Team

Honda

+0.735

4

D・ペドロサ

Repsol Honda Team

Honda

+2.007

5

S・ジベルナウ

Ducati Marlboro Team

Ducati

+3.070

6

M・メランドリ

Fortuna Honda

Honda

+11.793

7

T・エリアス

Fortuna Honda

Honda

+18.999

8

K・ロバーツ

Team Roberts

KR211V

+19.172

9

玉田 誠

Konica Minolta Honda

Honda

+19.231

10

J・ホプキンス

Rizla Suzuki MotoGP

Suzuki

+19.821

11

中野真矢

Kawasaki Racing Team

Kawasaki

+19.863

12

C・エドワーズ

Camel Yamaha Team

Yamaha

+30.678

13

R・ド・ピュニエ

Kawasaki Racing Team

Kawasaki

+37.198

14

C・バーミューレン

Rizla Suzuki MotoGP

Suzuki

+41.712

15

C・チェカ

Tech 3 Yamaha Team

Yamaha

+56.256

16

J・エリソン

Tech 3 Yamaha Team

Yamaha

+1'13.387





順 位

ライダー

マシン

ポイント

1

L・カピロッシ

Ducati

99

2

N・ヘイデン

Honda

99

3

M・メランドリ

Honda

89

4

D・ペドロサ

Honda

86

5

V・ロッシ

Yamaha

65

6

C・ストーナー

Honda

65

8

C・エドワーズ

Yamaha

49

15

C・チェカ

Yamaha

16

18

J・エリソン

Yamaha

5



順 位

コンストラクター

ポイント

1

Honda

131

2

Ducati

99

3

Yamaha

94

4

Suzuki

41

5

Kawasaki

37

6

KR211V

28

本文はここまでです このぺージの先頭へ

関連メニュー


ご利用規約 | 推奨環境・プラグイン | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問合せ