本文へ進みます
ページの先頭へ戻ります

ヤマハ発動機株式会社

ここから本文です

レース結果

レース結果(リザルト)とレースの展開をレポート形式でご覧いただけます。


■大会名称:MotoGP第8戦ダッチTT(オランダGP)
■開催日:2006年6月24日(土)
■開催地:オランダ/アッセン(4.555km)
■観客数:91,500 人
■周回数:26周(118.43km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:20度 ■路面温度:29度
■PP:J・ホプキンス(スズキ/1分36秒411)
■FL:N・ヘイデン(ホンダ/1分37秒106)



エドワーズ、首位走るもゴール寸前の転倒で13位。ロッシは8位完走!

キャメル・ヤマハ・チームのC・エドワーズとN・ヘイデン(ホンダ)の一騎討ちは最終ラップ最終シケインにもつれ込むが、グラベルに乗りバランスを崩したエドワーズが転倒し決着。ヘイデンが今季初優勝。エドワーズは再スタートし13位の完走。V・ロッシはグリッド最後尾スタートから追い上げて8位だった。

レースはフロントロウ・予選3番手発進のエドワーズのホールショットで始まった。これにJ・ホプキンス(スズキ)、中野真矢(カワサキ)、ヘイデンが続く序盤。まもなく中野が遅れヘイデンが3番手に浮上、首位のエドワーズ以下3人のアメリカ人ライダーが上位を走る。エドワーズはその後も1分37秒台の安定したペースで首位を走行。9周目にホプキンスに替わりヘイデンが2番手に浮上。レースの折り返し点13周目時点ではエドワーズが0.7秒差でトップを守る。後半にかけても2人の差は0.5〜0.7秒の間で進むが20周目を境に接近。21周目からは0.1秒差の文字通りのテール・ツー・ノーズで終盤に突入。

迎えたラスト2周のシケイン、ヘイデンがエドワーズのインをさしてトップに立ち、一方エドワーズはそこで行き場を失ってコースアウト。すぐコースに戻るが1秒差がつく。しかし続く最終周に猛烈な追い上げでヘイデンを捕らえて再び首位に返り咲く。そして最終シケインに最初にエドワーズが進入。エドワーズがシケイン1つ目をクリアーしたとき、すぐ後方のヘイデンが曲がりきれずコースを外れる。とほぼ同時にエドワーズは次の左切り返しのグラベルに乗りあげ転倒。コースに戻ったヘイデンが今季初優勝を果たした。エドワーズは再スタートして13位完走となった。

金曜のフリー走行で激しく転倒し右手首と左足を痛め予選を途中で切り上げたロッシは、18番手最後尾スタート。スタート直後は16番手だったが確実な追い上げを見せる。7周目にL・カピロッシ(ドゥカティ)を抜いて12番手に上がると、9〜12周目は上位陣と同レベルの37秒台を連発し先行ライダーを追撃。16周目に玉田誠(ホンダ)、17周目にC・バーミューレン(スズキ)を抜くと21周目にC・チェカ(テック3・ヤマハ)を抜いて9番手に。最終周のエドワーズの転倒で8位でチェッカーを受けた。今季自己ベストの予選8番手・グリッド3列目発進のチェカは、ロッシに続く9位でゴール。チームメイトのJ・エリソンは4周目12番手走行中転倒しリタイヤに終わった。



V・ロッシ選手談(8位)
「本当に厳しいレースだったが、ドクター・コスタをはじめクリニカ・モービルのスタッフ全員が僕のために懸命に頑張ってくれたおかげで最後まで走りきることができた。痛みはあって、とくにスタートでは力を全て出すことはできなかった。スタートは本当に心配していたが、いざとなると一気にアドレナリンが出て、必ずうまくいくと思えるようになった。そしてレース中盤ごろになると調子も出てきて楽しくさえなってきた。最後の3周は手の力がなくなっていたが、何とかしがみついて8位、貴重なポイントをつかみとった。こうした難しい状況のなか、チームは今回もとてもよく頑張ってくれた。プラクティスで転倒してあまりたくさん走れなかったためデータも不十分だったと思うが、今日はマシンもタイヤも素晴らしかった。だからみんなにお礼を言いたい。でもコーリンのことは本当に残念。とても乗れていて優勝をほぼ手に入れていながら、最後の最後にミスをしてしまった」


C・エドワーズ選手談(13位)
「今の僕に何が言える?もちろん悔しいよ、だって勝てるレースだったんだから。マシンは初めから絶好調で、とても気持ちよく走れていた。予選のときから他のライダーたちは僕のペースについてこられなかったし、決勝でも同じだった。スタートも思い通りにできて、後はただひたすらハイペースをキープするだけ。ところがラスト2周目、ニッキーがインから飛び込んできて、そのあとがすごく遅いもんだから、僕はマシンをターンさせることができなくなってしまった。それで、そのまままっすぐにコースアウト。でも幸いコースに戻れる場所だったので、コースに戻りヘイデンを逃さないように必死に追いかけた。そしてついに彼を捉えてトップを奪い返すと、今度は抜き返されないようにディフェンシブなラインを選び最終のコーナーを立ち上がろうとしたんだ。ニッキーがまさかコースアウトしているとは思っていなかった。知っていたら、そこまでする必要はなかったんだから。それで結局タイトに寄り過ぎてリアがコースをはずれ、スロットルを開けたところで僕はマシンから投げ出されてしまった。まさに死力を尽くしたが、フェアな戦いだった」


D・ブリビオ、キャメル・ヤマハ・チーム監督談
「素晴らしいレースだった。そしてコーリンはあとほんの数メートルというところで優勝を逃した。私達としても勝利のシャンペンをほとんど口にしたも同然だったので非常に残念。まさか最後にこんなことになるとは…。最終ラップの戦いは本当に素晴らしくて、結局転んでしまうことになるとは本人も考えてもいなかっただろうが、これがレースというものだ。またバレンティーノもよく頑張ってくれた。彼の精神的、身体的な強さには本当に驚かされる。ふたりのライダーを誇りに思っている」


C・チェカ選手談(9位)
「ライバルたちと互角の戦いができるようになったことをみんなで喜んでいる。序盤はメランドリやペドロサについていこうとしたが、彼らは徐々にペースが上がり逃げていってしまった。僕のほうはフロントのフィーリングがあまり良くなかったので自分のペースをキープしたほうが良いと思ったんだ。そのあと玉田をパスし、さらに少しずつ上げてバーミューレンも捉えることができた。ロッシが来ているのが見えたので何とかついて行きたかったが、その頃にはフロントのチャターがひどく、転倒のリスクを避けて完走を目指した。せっかくのチームの努力を無駄にしたくなかったからね。でもシーズンの序盤に比べたら本当に速くなっているし、上位陣にどんどん近づいている。ダンロップの努力も素晴らしく、今では手強いライバルたちと互角に戦える。この2戦でまた大きく前進し、トップから1秒差というところまで来ることができた。だからこれからは、さらにその先へ進みたい。他のライダーとバトルできるのが、今は楽しくて仕方がない」


J・エリソン選手談(リタイヤ)
「リタイヤは非常に残念だが、得るものは大きかった。スタートはとても上手くいって、その後も気分良く乗れていた。誰かが仕掛けてくれば、よりアグレッシブになれたし、他のライダーのフロントホイールが並んで来るのが見えたら、それを抑えきる自信もあった。いいポジションにつけて、カルロスについていっていたんだ。でも1コーナー進入でちょっと熱くなり過ぎてフロントからいってしまった。気分良く乗れていて、ハードにプッシュし過ぎてしまったのだろう。ここまで順調に上がってきていただけに何とか好成績を残したかったが、これをバネにして次のドニントンに臨みたい。足首にちょっとダメージがあり、今はまだ歩くのが辛い状態。でも1週間あるので何とかなると思う。今回はひとりで熱くなってしまい、つかみかけていた成績を逃すことになり、休みもなく頑張ってくれたスタッフのみんなには本当に申し訳ない。次回は何か形に残したい」


H・ポンシャラル、テック3ヤマハ・チーム監督談
「とても良かったと思う。決勝結果にも予選にも満足。バルセロナのあと、さらにもう一歩前へ進むことができたのだから。先週と同じ8位に入りたかったところだが、それよりも全体として上位との差を縮められていることのほうが意義が大きい。今回はスズキ+ブリヂストンのバーミューレン、ホンダ+ミシュランの玉田という素晴らしいライダーと互角に戦い、そして最終的には彼らを抑え込んだのだ。またジェームスは、とても良く乗れていたしカルロスにしっかりとついていただけに残念。でも今回はふたりとも、予選で速く、決勝でも強かった。タイヤは最後までしっかりと持ってくれたしラップタイムも非常に安定していた。トップ4台は別としても、それ以外の多くのライダーと同等のタイムが出ているので励みになる。次のドニントンはダンロップタイヤがよく活躍している場所なので楽しみ。この調子でまた、様々な部分の改善が続けられるように頑張るつもりだ」


辻 幸一(ヤマハ発動機モトGPグループ)談
「歴史と伝統を誇るオランダはアッセンでのMotoGP第8戦となりました。今年はコースが改修されたことで、ゼロからのセッティングとなりましたが、ダッチウエザーに翻弄されながらもコーリン選手が初日から上位につけたおかげで、早くからマシンの方向性を確実なものとすることができました。予選3位のフロントロウからスタートしたコーリン選手は、ホールショットを奪った後、終始レースをリードし続けました。残り2周のところで、ヘイデン選手に抜かれはしましたが、最終ラップの最後のシケインで抜き返したのもつかの間、グラベルに捕まり転倒。残念ながらMotoGP初優勝を手中に収めることはできませんでした。しかしながら最後まであきらめず、壊れたバイクをフィニッシュラインまで運び13位。連続ポイント獲得記録を更新し続けております。ロッシ選手は、初日の転倒で怪我をし、レース出場も危ぶまれた中、最後尾スタートながら着実に順位を上げ8位でフィニッシュ。テック3・ヤマハ・チームもマシン、タイヤの開発が進んだことで、特にチェカ選手は常時中盤につける実力を得られるようになっております。次節は翌週、イギリスはドニントンパークで第9戦が開催されます。ヤマハにとっては非常に相性の良いサーキットですので、皆様ご期待ください」



順 位

ライダー

チーム

マシン

タイム

1

N・ヘイデン

Repsol Honda Team

Honda

42'27.404

2

中野真矢

Kawasaki Racing Team

Kawasaki

+4.884

3

D・ペドロサ

Repsol Honda Team

Honda

+7.525

4

C・ストーナー

Honda LCR

Honda

+7.555

5

K・ロバーツ

Team Roberts

KR211V

+8.078

6

J・ホプキンス

Rizla Suzuki MotoGP

Suzuki

+17.065

7

M・メランドリ

Fortuna Honda

Honda

+18.090

8

V・ロッシ

Camel Yamaha Team

Yamaha

+23.951

9

C・チェカ

Tech 3 Yamaha Team

Yamaha

+29.027

10

C・バーミューレン

Rizla Suzuki MotoGP

Suzuki

+31.627

11

玉田 誠

Konica Minolta Honda

Honda

+32.841

12

A・ホフマン

Pramac d’Antin MotoGP

Ducati

+34.143

13

C・エドワーズ

Camel Yamaha Team

Yamaha

+40.412

14

R・ド・ピュニエ

Kawasaki Racing Team

Kawasaki

+1'03.648

15

L・カピロッシ

Ducati Marlboro Team

Ducati

+1'17.303





順 位

ライダー

マシン

ポイント

1

N・ヘイデン

Honda

144

2

D・ペドロサ

Honda

102

3

L・カピロッシ

Ducati

100

4

V・ロッシ

Yamaha

98

5

M・メランドリ

Honda

98

6

C・ストーナー

Honda

78

7

C・エドワーズ

Yamaha

63

15

C・チェカ

Yamaha

31

18

J・エリソン

Yamaha

12



順 位

コンストラクター

ポイント

1

Honda

176

2

Yamaha

127

3

Ducati

109

4

Suzuki

64

5

Kawasaki

57

6

KR211V

55

本文はここまでです このぺージの先頭へ

関連メニュー


ご利用規約 | 推奨環境・プラグイン | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問合せ