本文へ進みます
ページの先頭へ戻ります

ヤマハ発動機株式会社

ここから本文です

レース結果

レース結果(リザルト)とレースの展開をレポート形式でご覧いただけます。


■大会名称:MotoGP第11戦USGP
■開催日:2006年7月23日(日)
■開催地:アメリカ/ラグナセカ・スピードウェイ(1周3.610km)
■周回数:32周(115.52km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:39度 ■路面温度:56度
■PP:C・バーミューレン(スズキ/1分23秒168)
■FL:D・ペドロサ(1分23秒333)



C・チェカが今季自己ベストの7位!ロッシはリタイヤ!

【速報】
テック3・ヤマハ・チームのC・チェカが今季自己ベストの7位を獲得した。キャメル・ヤマハ・チームのV・ロッシは予選10位から追い上げ終盤4番手まで挽回しさらに上位陣をうかがうが、マシントラブルでリタイヤ。チームメイトのC・エドワーズは9位だった。優勝は昨年のUSGPに続きN・ヘイデン(ホンダ)で今季2勝目。

レースは予選3番手のK・ロバーツ(KR211V)が好スタートで飛び出すが、まもなくC・バーミューレン(スズキ)が首位に浮上。序盤はバーミューレン、ロバーツ、ヘイデン、C・ストーナー(ホンダ)、M・メランドリ(ホンダ)、エドワーズが続くが、中盤17周目からバーミューレンを抜いたヘイデンが首位をリードし、そのまま逃げ切った。

ロッシは序盤、スタート位置と同じ10番手を走るがまもなく中野真矢(カワサキ)を抜いて9番手に。その後11周目にホプキンス、エドワーズを抜いて7番手まで挽回。先行するストーナーの転倒で順位をひとつ上げると、19周目にロバーツ、20周目にメランドリを抜いて4番手まで挽回。この時点で前を走る3番手ペドロサとの差は約4.5秒。ロッシの前で展開される2〜3番手争いは、25周目にペドロサとバーミューレンが入れ替わり、ロッシはバーミューレンの後方から追う。しかしロッシは終盤28周目から徐々に後退、マシンの不具合をかばいながら11番手を走るがラスト1周半を残しマシンがストップしリタイヤとなった。

予選2番手・グリッド1列目スタートのエドワーズは、星条旗をカウルに施したYZR-M1で決勝に臨むも振るわず9位に終わった。テック3・ヤマハ・チームのチェカは予選11番手、ロッシの隣のグリッド4列目中央から決勝に臨み、中盤以降は9番手を走る。終盤エドワーズを抜き、さらにロッシの後退で7位でのチェッカーとなった。チームメイトのJ・エリソンは13位だった。

【レポート】
キャメル・ヤマハ・チームのV・ロッシは、ラグナセカで開催されたシリーズ第11戦USグランプリで、驚異的な追い上げを見せたもののタイヤとエンジンのトラブルによりリタイアした。グリッド10番手からスタートしたロッシはレース中徐々に追い上げ、ゴールまで残り4周となった時点で4位まで順位を上げていた。ところが焼け付くような陽射しが状況を厳しくして路面温度は実に56度まで上昇。ロッシはリアタイヤ左側のトラブルに悩まされ始め、ロッシのペースは落ちていく。さらにその後エンジンの冷却システムの機能が低下しオーバーヒート。マシンから白煙を上げ、ロッシはレースを諦めることになった。

同じトラブルがロッシのチームメイト、C・エドワーズにも襲った。フロントロウからスタートしたエドワーズはトップグループにつけて走行。しかしロッシと同様、タイヤトラブルがエドワーズを襲う。さらに焼け付くような暑さはライダー自身にも大きな負担となる。レースウイークエンド中に体調を崩していたエドワーズはカゼ気味で胃の具合も悪く、ペースを維持することが困難となり5位から徐々に順位を落とし、結局9位でレースを終えた。

エドワーズにとっては、今回は母国開催のGP。土曜日の予選でポールポジションを目指して果敢に攻めたエドワーズだったが、僅かに届かず2位。気温が38℃まで上昇し、蒸し暑いコンディションとなった中で、エドワーズは予選セッション終了まで残り数分となったところでベストタイムをマーク。セッション開始早々に最速ラップを記録していたC・バーミューレン(スズキ)のタイムを、コース前半の3セクションでは上回っていたが、“コークスクリュー”後の最後の連続コーナーでコンマ数秒の遅れを喫してしまった。

路面温度が極端に上昇したため、朝の涼しい状況での走行と比較し路面のグリップは低下していたため一部のライダーは、予選用タイヤを履いたときさえラップタイムの更新に苦悩していた。ロッシも不運に見舞われたライダーのひとりで、予選ではグリッド2列目を確保したかに見られたが、結局10位で予選を終了。この予選順位は、見事な追い上げで優勝を飾った7日前のドイツGPの予選と同じだった。

決勝レースがスタートすると、ポールのバーミューレンは出遅れK・ロバーツ(チームKR)がホールショット。しかしバーミューレンは1周目にトップに立つ。バーミューレンの後方ではエドワーズがロバーツ、ヘイデン、ストーナー、メランドリ、そしてD・ペドロサらとバトルを展開。

ところがわずか6周でエドワーズのコンディション悪化が明白となる。そのエドワーズの後退をよそに、ロッシは着実に順位を上げ中野真矢を10周目までに抜き去り、さらにJ・ホプキンスをかわすと、7位につけるチームメイトのエドワーズに追いつく。そしてこれをパス。15周目にストーナーが転倒して順位を上げる。19周目までにメランドリとロバーツをかわして4位に浮上。今回のグリッドと難しいコースの状況を考慮すれば充分満足できるポジションまで浮上する。

しかしその後、ロッシに不運が襲う。ポイントリーダーのヘイデンがバーミューレンをパスしてシーズン2勝目を挙げるのを横目に、ロッシはピットガレージに戻った。この結果、選手権首位のヘイデンと4位に後退したロッシとの差は51ポイントとなった。レースで2位、3位に入ったペドロサとメランドリは選手権ポイントでもロッシに先行し、2位と3位に順位を上げた。エドワーズは7位のままである。

テック3ヤマハ・チームはC・チェカが今季自己ベストの7位に入り開幕以来続けてきたチームの努力が証明された。チェカはロッシとエドワーズのトラブルもあり、ヤマハ勢最上位でゴール。J・エリソンは見事なスタートを決めてポジションを上げたが、レース中盤にタイヤの磨耗により後退。13位でフィニッシュした。



C・エドワーズ選手談(9位)
「スタートはあまりよくなかった。ダッシュはうまくいったんだけど、そのあと1コーナーへの進入のときにパワーが少し落ちてしまって遅れてしまった。それ以降は全力を振り絞って24秒1から2のペースをキープ。これは昨日のレースタイヤでのタイムを上回る速さだった。またブレーキングにも少し問題があって、こちらのほうも気にしながら走らなければならなかった。でも10周目くらいからは僕は完全に調子を崩してしまった。金曜日から体調が悪く体力を奪われていたので、ここに来て突然、力がまったく出なくなった。気分がとても悪くて本気でリタイヤを考えたが、ストーナーがクラッシュしたのが見えたので、やはり最後まで走って少しでもポイントを取らなければならないと思い直した。20ラップあたりでタイヤがスピンし始めた。そしてどんどん状況は悪くなっていった。そして最終盤のラップの1コーナー進入では、本当に危ない場面にも遭遇した。あと3〜4周というところでリアタイヤを見てみたら、そのひどさが目に見えるほど。だからそのあとは、とにかく安全にマシンを持って帰ることだけ考えて走った。ホームレースがこんな形に終わったのは本当に残念だが、これがレースというものだ」


V・ロッシ選手談(リタイヤ)
「ウイークを通じてずっと、本当に厳しい状況が続いてしまった。たくさんのトラブルもあって、それが今日、最悪の状態になって現れてしまった。今朝のウォームアップでは大きな前進も見られ、タイムもかなり良くなっていた。だからきっといいレースができると思っていたのに…。ところがリアタイヤに問題が発生。まったくグリップしなくなってしまったので、クラッシュしないためにはペースを落とすしかなかった。そのあとさらに、エンジンの冷却システムに問題が起きた。オーバーヒートして煙が出始めたんだ。これですべてが終わったと思った。あと6レースあるが、ヘイデンとの差は51ポイント。こうなると、僕は初めて、チャンピオンシップのプレッシャーを考えることなくこのあとのレースに臨むことになるわけだ。あとはできる限りレースを楽しみ、ひとつでも多く勝ちたい。先のことは誰にもわからないさ」


D・ブリビオ、キャメル・ヤマハ・チーム監督談
「いろいろな意味で、本当に厳しいレースになった。ふたつの異なる問題が発生し、ふたりのライダーに影響してしまった。コーリンはいいレースをしたが、体調が悪かった上に終盤ではリアタイヤの問題に悩まされた。バレンティーノもタイヤに関してはまったく同じ症状で、ペースを落としたあとはエンジンの冷却システムが壊れてオーバーヒートした。そしてリタイヤを余儀なくされてしまった。シリーズポイントでは大きく離されており、大きな山に邪魔されている感じだが、最後まで決してあきらめない」


C・チェカ選手談(7位)
「とても満足している。レース序盤からバレンティーノや中野の後ろのいいポジションにつけ、遅れずについていくことができた。そして中盤になると暑さでタイヤが少したれてきて、終盤の4〜5ラップはちょっと苦労した。でも7位という結果は今までで最高。決して楽ではなかったこのウイークを考えれば、非常に良い成績で喜んでいいだろう。しかも決勝では、今までに試したことのないタイヤを使ったほどだから満足していいはずだ。タイヤチョイスはギャンブルだったが、このような結果を得ることができたのだ」


J・エリソン選手談(13位)
「とても厳しいレースだったが、スタートの時点ではフィーリングがかなり良かったんだ。好スタートを切って玉田やドプニエについていって、いいバトルができた。数ラップ彼らに遅れずついていったが、フロントがたれてきてしまって危うく転倒という場面もあった。気温が上がってきたし、僕がハードにブレーキをかけていたからフロントタイヤの挙動が激しくなってしまった。3人を抜きたくて頑張りすぎたしタイヤがちょっとやわらかすぎた。そのあとは少し自信がなくなってペースが落ちてしまった。でもそのあとにまた考え直したんだ。これでは何もトライできていない。もうこんなことはするまいってね。転んだら転んだときのこと。でもそう思ったら、何とか回れてしまったんだ。それがきっかけになって、また自信を取り戻した。終盤になってまたタイムが上がって、前に近づくこともできた。そのほかにもコースの周りに僕を応援して旗を振ってくれている人たちが見えたりして、最後は本当にいい走りができたと思う。これを最初から最後までできていたらよかったんだけれど…。でも最終的にはポイントも取れて、いい気分でアメリカを後にすることができる」


H・ポンシャラル、テック3ヤマハ・チーム監督談
「今回は我々チームにとって、今までで最高の成績。シーズン前半戦をこのような形で終えることができたので、このあとの夏休みをエンジョイできそうだ。気温がとても高かったし、プラクティス中から大勢が苦労しているのを見ていたので、厳しいレースになることはわかっていた。決勝ではタイヤチョイスでギャンブルをした。テストしたことのないものをカルロスに履かせたんだ。どうなるかわからないものを決勝で使うというのは本当に厳しい決断だった。その結果今期最高の7位を得られ、ヤマハ勢のトップになれたことは、技術的な面の我々のプロジェクトが成功していることの証明だ。常に前進し続けてこられたことがうれしいし、そのためにカルロスがこれほど頑張ってくれたことに感謝している。ジェームスもまたレースを通じて安定していて、とてもよくやってくれた。もうちょっとで、あとひとりかふたりはパスできただろう。なぜなら終盤の彼は、前のライダーよりも間違いなく速かったからね。とにかく両ライダーがポイントを獲得し、タイヤの問題もなく、とても安定して最後まで走りきれたのだから十分に満足できる。夏休みを楽しんで、そのあとはまた全力で戦おう」


辻 幸一(ヤマハ発動機モトGPグループ)談
「ヤマハにとっては非常に厳しい結果となりました。コーリン選手はフロントロウからのスタートでしたが、上昇した気温にマシンが対応しきれず、徐々に順位を落とし、9番手でフィニッシュ。バレンティーノ選手は、一時4位まで順位を上げるも、残り2周でマシントラブルによりリタイヤ。テック3・ヤマハ・チームのカルロス選手は11番手スタートながら、順調に前車をパスし、ヤマハ勢最高位の7位でフィニッシュ。エリソン選手も18番手スタートから13位で完走を果たしております。モトGPはここでサマー・ブレイクとなり、次節は8月20日のチェコ/ブルノです。チャンピオンシップポイントの差が広がってしまいましたが、この間に立て直しを図ります。今後とも皆様のご支援、ご声援を宜しくお願いいたします」



順 位

ライダー

チーム

マシン

タイム

1

N・ヘイデン

Repsol Honda Team

Honda

45'04.867

2

D・ペドロサ

Repsol Honda Team

Honda

+3.186

3

M・メランドリ

Fortuna Honda

Honda

+10.929

4

K・ロバーツ

Team Roberts

KR211V

+11.941

5

C・バーミューレン

Rizla Suzuki MotoGP

Suzuki

+27.439

6

J・ホプキンス

Rizla Suzuki MotoGP

Suzuki

+38.820

7

C・チェカ

Tech 3 Yamaha Team

Yamaha

+44.825

8

L・カピロッシ

Ducati Marlboro Team

Ducati

+48.526

9

C・エドワーズ

Camel Yamaha Team

Yamaha

+53.228

10

S・ジベルナウ

Ducati Marlboro Team

Ducati

+1'06.279

11

玉田 誠

Konica Minolta Honda

Honda

+1'11.941

12

R・ド・ピュニエ

Kawasaki Racing Team

Kawasaki

+1'14.407

13

J・エリソン

Tech 3 Yamaha Team

Yamaha

+1'19.283

14

A・ホフマン

Pramac d’Antin MotoGP

Ducati

+1'41.277

15

T・エリアス

Fortuna Honda

Honda

+1 lap





順 位

ライダー

マシン

ポイント

1

N・ヘイデン

Honda

194

2

D・ペドロサ

Honda

160

3

M・メランドリ

Honda

150

4

V・ロッシ

Yamaha

143

5

L・カピロッシ

Ducati

126

6

C・ストーナー

Honda

91

7

C・エドワーズ

Yamaha

84

15

C・チェカ

Yamaha

53

18

J・エリソン

Yamaha

20



順 位

コンストラクター

ポイント

1

Honda

246

2

Yamaha

181

3

Ducati

135

4

Suzuki

92

5

KR211V

79

6

Kawasaki

75

本文はここまでです このぺージの先頭へ

関連メニュー


ご利用規約 | 推奨環境・プラグイン | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問合せ