本文へ進みます
ページの先頭へ戻ります

ヤマハ発動機株式会社

ここから本文です

レース結果

レース結果(リザルト)とレースの展開をレポート形式でご覧いただけます。


■大会名称:MotoGP第3戦中国GP
■開催日:2005年5月1日(日)
■開催地:中国/上海サーキット(1周5.281km)
■観客数:30,000人
■周回数:22周(116.182km)
■コースコンディション:ウエット
■気温:19度 ■路面温度:21度
■PP:S・ジベルナウ(ホンダ/1分59秒710)
■FL:A・バロス(ホンダ/2分13秒716)



中国初のグランプリでロッシが優勝!

ゴロワーズ・ヤマハ・チームのV・ロッシが、中国は上海で初めて行われたモトGPで優勝を飾った。ウエット・コンディションとなった決勝。予選グリッド 6位からスタートしたロッシは5周目にK・ロバーツ(スズキ)を抜いてトップに立ち、そのままリードを広げて真っ先にチェッカーを受けた。  レース終盤には、負傷中のA・ホフマン(カワサキ)に代わって出場したO・ジャックが2位に上がりロッシに迫ろうとしたが、ロッシがリードを守りきった。3位は最終ラップでS・ジベルナウ(ホンダ)をかわしたM・メランドリ(ホンダ)。
フォルトゥナ・ヤマハ・チームのR・チャウスとT・エリアスは、それぞれ10位と14位。エリアスは絶好のスタートからまもなく3位まで浮上したが、グリッドのマシン位置の間違いを指摘されてピットイン&ゴーのペナルティ。一方のチャウスは着実な走りで10位、貴重なポイントを獲得した。
 シリーズポイントでは2位に25ポイント差をつけてロッシがトップ。またチームメイトのC・エドワーズもグリッド13位から8位まで上げる健闘を見せ、このふたりの活躍によりゴロワーズ・ヤマハ・チームがチームランキングでトップ。またヤマハがメーカーランキングでトップをキープしている。



V・ロッシ選手談(優勝)
「今までのすべての優勝のなかで、今回ほど自信のなかったものはない。だから自分でも驚いているんだ。しかもヤマハに乗ってからウエットで勝ったのも初めてだから、本当に特別な勝利なんだ。セッティング面で問題があり厳しい状況だったにもかかわらず、昨晩、スタッフが夜を徹して作業を行い、おもにフロントフォークのセッティングが改善された。そして決勝ではスタートがうまくいって、すぐにトップに立つことができたのでびっくりしてしまったほどだ。コースはかなり濡れていたので集中力を切らすわけにはいかなかったが、実際には非常にスムースで、しっかりとコントロールして最後まで走りきることができたんだ。言いたいことは、ジェリー・バージェスとチームスタッフとヤマハに心から感謝しているということ。この勝利のために頑張ってくれたんだからね」


C・エドワーズ選手談(8位)
「スタート自体は非常に良かったが、前にたくさんいたのでうまく前へ出ることができなかった。その後も少しずつ順位を上げていこうとしたが、雨が状況を厳しくしてしまい、またレースラインを外してしまいそうになるので思いどおりにはいかなかった。前が空いた時にはトップグループと同等のペースで走ることもできたが、終盤にはタイヤがやや消耗したこともあり8位が精一杯だった。自分としては残念な結果だが、ウエットレースを経験でき、そのなかで方向性が間違っていないことがわかったのは収穫だ」


D・ブリビオ、チーム監督談
「素晴らしい日になった。バレンティーノはとにかくすごいライダーだと言うしかない。ウエットは昨年のヘレス以来で、あれからどれほどマシンが進化したかがよくわかった。大きなプレッシャーのもとでハードワークをいとわなかったチームスタッフ全員、エンジニアたちに感謝している。コーリンについてはグリッド位置が状況を厳しくしたが、決勝では良いペースで走りきり貴重なポイントも獲得した。中国で初めてのグランプリで優勝できて嬉しい。そして今、ライダー、チーム、メーカーともにトップに立っている。このあともこの調子で行きたいね」


R・チャウス選手談(10位)
「少しずつ前進している。ここまでチームには多くの迷惑をかけたが、今日は10位、そしてポイント獲得だ。ウォームアップも調子が良くウエットにも自信がついたが、スタート後の第1コーナーは慎重に行った。数台を先に行かせ、タイヤのことも考えてその後の数周も慌てなかった。このことが終盤で助けになりトップグループと同等のタイムをキープすることが出来た」


T・エリアス選手談(14位)
「スタートは絶好。その後もロッシ、ジベルナウ、ビアッジらと気分良く走っていた。ところがグリッドの位置が悪かったと言ってピットに戻るペナルティを受けたんだ。250とモトGPでは一列の台数が違うから混乱してしまった。厳しいものだったが、自分のミスには違いない。ペナルティのあとも少し挽回したが、まだまだ足りなかった」


H・ポンシャラル、チーム監督談
「トニは素晴らしいレースをしていたが、残念ながらペナルティで順位を下げることになってしまった。本当に悔しい!彼は今回、決勝だけでなくウイークを通じてそのポテンシャルの高さを見せた。ドライでもウエットでも速かった。これはとても大切なことなのだ。ルーベンのほうは着実な走りを心がけ、今季2度目の10位を獲得した。彼は非常に賢明な戦い方で、少しずつ能力を見せ始めている。M1を確実に乗りこなすようになり、それがリザルトに表れている」


技術開発室MotoGPグループYZR-M1プロジェクトリーダー中島雅彦談
「初開催の上、天候不順とコンディションを掴みきれぬままレースを迎える事となりましたが、V.ロッシ選手のすばらしい走りで今季2勝目を上げる事が出来ました。このような状況ではベースマシンの完成度が勝敗を決めることになりますが、V.ロッシ選手とYZR-M1のマッチングの良さが証明できたと思います。また、C.エドワード選手、R.チャウス選手も健闘、トップ10以内に入り、ヤマハチーム全体の底上げに弾みがついて来たと思います。エリアス選手はすばらしいパフォーマンスを見せてくれましたが、残念ながらスターティンググリッド位置を間違えた事によるペナルティの為後退してしまいました。中国で初開催の記念すべきGPにおいて優勝を刻む事は、ヤマハにとって非常に重要なことであるとの認識を持って参戦しただけに、皆様のご期待に応えることができ、ほっとしております。まだまだ2005年シーズンは始まったばかりです。毎レースが昨年よりも厳しい戦いとなりますが、ライダー、チームともに連覇に向け全力で戦いますので、変わらぬご声援をお願いします」



順 位

ライダー

チーム

マシン

タイム

1

V・ロッシ

Gauloises Yamaha Team

Yamaha

50'02.463

2

O・ジャック

Kawasaki Racing Team

Kawasaki

+1.700

3

M・メランドリ

Movistar Honda MotoGP

Honda

+16.574

4

S・ジベルナウ

Movistar Honda MotoGP

Honda

+18.906

5

M・ビアッジ

Repsol Honda Team

Honda

+19.551

6

J・vd・グールベルグ

Konica Minolta Honda

Honda

+21.622

7

J・ホプキンス

Team Suzuki MotoGP

Suzuki

+25.883

8

C・エドワーズ

Gauloises Yamaha Team

Yamaha

+31.033

9

N・ヘイデン

Repsol Honda Team

Honda

+39.299

10

R・チャウス

Fortuna Yamaha Team

Yamaha

+40.991

11

A・バロス

Camel Honda

Honda

+44.014

12

L・カピロッシ

Ducati Marlboro Team

Ducati

+44.401

13

J・エリソン

Blata WCM

Blata

+53.449

14

T・エリアス

Fortuna Yamaha Team

Yamaha

+1'05.853

15

宇川徹

Moriwaki Racing

Moriwaki

+1'09.480





順 位

ライダー

マシン

ポイント

1

V・ロッシ

Yamaha

70

2

M・メランドリ

Honda

45

3

A・バロス

Honda

43

4

M・ビアッジ

Honda

36

5

S・ジベルナウ

Honda

33

6

C・エドワーズ

Yamaha

25

13

R・チャウス

Yamaha

12

17

T・エリアス

Yamaha

8



順 位

コンストラクター

ポイント

1

Yamaha

70

2

Honda

61

3

Kawasaki

39

4

Ducati

21

5

Suzuki

15

6

Blata

4

本文はここまでです このぺージの先頭へ

関連メニュー


ご利用規約 | 推奨環境・プラグイン | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問合せ