本文へ進みます
ページの先頭へ戻ります

ヤマハ発動機株式会社

ここから本文です

レース結果

レース結果(リザルト)とレースの展開をレポート形式でご覧いただけます。


■大会名称:06全日本モトクロス選手権第3戦関東大会
■開催クラス:IA1クラス
■開催日:2006年4月23日(日)
■天候:晴れ
■レース時間:(30分+1周)×2ヒート
■会場:茨城県 自動車安全運転センター



激闘を制した成田が4ヒート連続優勝を達成
ランキングも単独トップへ浮上!

 2006年全日本モトクロス選手権・第3戦関東大会が4月23日(日)、自動車安全運転センター(茨城県)にて開催された。第2戦では、YZ450FMを駆る成田亮がパーフェクトウィンを飾り、熱田孝高(H)と同ポイントでランキングトップへ、またYZ250Mを駆る小池田猛が2/4位としランキング3位。そして6位出原忍、7位大河原功次、8位釘村太一とここまで好調のヤマハライダー。大会初日の予選でも、A組の小池田がトップ、またB組では出原が3位と、好調をキープしたまま決勝へと駒を進めた。なお今大会も、小島太久摩は怪我のため欠場となった。

 ヒート1、混戦のスタートを制したのは溝口哲也(K)。福留善秀(H)、戸田蔵人(S)がこれに続く。成田は4番手スタートとなるが、1周目のうちに2番手に浮上。また1周目を5番手で終えた小池田は2周目に4番手としレースを進める。また、1周目を終えて釘村は11番手、出原は12番手。大河原功次は1周目に転倒し最後尾からの追い上げとなる。

 レース序盤は溝口、成田、福留、小池田がトップグループ作ってレースを展開するが4周目に成田がトップに立つと、成田と溝口、少し離れて福留と小池田がそれぞれマッチレースを展開する。
 トップを走行する成田は、溝口を離すことができず終盤まで追随を許すが、常に勝負をさせない距離でレースを運び、そのまま第2戦から3ヒート連続となる優勝を飾った。2位は溝口となった。
 一方の小池田は福留をプッシュするもかわすことができないまま周回を重ね、その間に熱田孝高(H)に接近されてしまう。そして14周目、熱田が2人をかわし先行。小池田も福留をかわして熱田の背後に迫り、最終ラップにはテール・トゥ・ノーズのバトルに持ち込むがかわすには至らず、熱田に続き4位でフィニッシュとなった。
 釘村と出原はそれぞれ3周目に順位を上げ10・11番手へ浮上。7周目に出原が釘村をかわすと、徐々に順位を上げ17周目に7番手とした後、最終ラップには前方の福留を捉えるが一歩及ばず7位。釘村はひとつ順位を上げ10位。大河原は1周目の転倒後追い上げて19位となった。

 ヒート2、スタートは成田、熱田がほぼ並んだ状態で第1コーナーを通過。その後方には大河原、高濱龍一郎(H)、溝口が続く。
 1周目の混戦をトップで通過したのは熱田、そして成田、溝口が続くが、序盤は成田と熱田という世界を経験してきたばかりの2人による壮絶なトップ争いとなる。時には接触し、時にはラインをクロスさせながら、お互い一歩も引かず、1ラップで何度も順位を入れ替えるデッドヒートは、観客の目を釘付けにする。そして6周目に成田がトップを奪うと、その後は熱田を押えたまま周回を重ねていく。
 レースが動いたのは11周目、ミスを犯した熱田を溝口がパス。さらに後方から追い上げてきた増田が加わり4人でのバトルへ発展すると、その直後の12周目、増田、熱田、溝口へと順位が変動。そして今度は増田が成田に食らい付き、後方から攻め立てるが、これを成田がしのぎきり、4ヒート連続優勝となるパーフェクトウィンを達成した。2位は増田、3位には熱田が入った。
 一方、トップグループの後方でも、7周目以降、6番手の釘村を先頭に、大河原、出原、福留、平塚、小池田というオーダーで激しいバトルを展開。まず8周目に5番手の高濱を巻き込むと、その高濱がミスで後退。さらに小池田が9周目に平塚をかわし、福留も8・9・12周で順位を上げ5番手に浮上する。その後は膠着状態が続くが、17周目に出原、小池田が大河原をかわし7・8番手へ。さらに出原は、19周目に釘村をかわし6番手となり、最後は5位の福留を先頭に、出原、釘村、小池田、平塚、大河原の順でフィニッシュとなった。



成田亮選手談(1位/1位)
「このコースは抜きにくく、接戦が予想されたので少しでも前でスタートできるようにと考えていたから4番手でスタートできた時はホッとした。溝口選手をかわしトップに立ってからは、離したいという気持ちもあったけれど、タイム差を出せるコースではないし、無理してミスしてしまうのも嫌だったので、ラインをみながら自分の走りを心がけて走った。ヒート2は1コーナーの直後に隣を確認したら熱田選手だったので、これは簡単に勝たせてくれないだろうなと考えた。そのとおり、非常には激しいバトルになったが、後ろから攻めて熱くなってしまいミスするのが嫌だったし、自分の目でライン見ながらレースをしたかったので、何としても前でレースをしたかった。だから抜かれたら抜き返し、前にでたら身体を張ってブロックして前にいかせない、駆け引きなしの意地のバトルだった。昨年アメリカでの経験が発揮されたと思う。今回の優勝は、ライバルとの勝負で精神的に優位にたてるし、勝ち癖をつけると言う意味でも、ポイント以上に大きな勝利だったと思う。今後はもっと厳しいレースもあるだろうが、今回の経験を生かして勝っていきたい」


小池田猛選手談(4位/8位)
「最初のレースでは、スタートをでることができ、序盤から積極的にトップを狙って勝負したけれど、福留選手につかまってしまい、なかなか自分のペースでレースをさせてもらえなかった。その間に熱田選手に上手く背後から抜かれてしまった。その後はさらに積極的に勝負して福留選手をかわし、熱田選手の背後まで迫ったが、後一歩及ばなかった。ヒート2は完全にスタートで出遅れ、さらに1周目で順位を落としてしまった。その後は5人のグループでバトルとなり、自分がラインを変えて上手く前をかわそうとすると、その前のライダーがブロックラインにいたり、なかなか前に出ることができなかった。開幕から徐々に調子が上がってきていたし、去年勝ったコースなので、ここでは優勝を狙っていた。だからこの成績には納得いかない。次の広島までにもう一度自分の走りを見つめ直し、さらに万全の体制で臨みたいと思う」


出原忍選手談(7位/6位)
「予選でのスタートが良かったので、決勝でもスタートを決めるイメージができていたが両ヒートとも上手くいかなかった。このコースは接戦になるし、抜きにくいコースとわかっていただけにスタートの失敗は悔しい。ヒート1では序盤は相手がミスするのを待っていたので、勝負するタイミングが遅くなってしまった。そのため福留選手に追いつきながらも、最終ラップでは抜くことができなかった。ヒート2は相手がミスをしても抜くことができないのがわかっていたので、早めに勝負することを心掛けていたが、やはりなかなか前には出してもらえなかった。しかし後半までスタミナが続き、最後まで勝負ができたので6位に入れたと思う。今は走りの状態も悪くないけれど、IA1ではスタートが非常に重要なので、次のレースではとにかくスタートに集中して何としても前で勝負できるようにしたい」


釘村太一選手談(10位/7位)
「ヒート1では好スタートをきったにもかかわらず、アウトに膨らみ過ぎて順位を下げ後方からのスタートとなってしまった。抜いてもすぐに抜きかえされたり、実力差のないライダーとバトルとなって前にいけない状態が続きフラストレーションが溜まり、なかなかペースを上げられず、順位を上がられないままレースを終えてしまった。ヒート2のスタートでは、早めのブレーキングにかえてインに切り替えたことで、まずまずの位置からスタートできたが、サイティングラップの時に確認していたラインと自分の走りが噛み合わず上手く順位を上げることができなかった。グループになって流れに乗るとペースを作れたが、バトルの中でラインを開けてしまうなど、順位を下げてしまった。レース終了後は疲労感がなく、力を出し切らないまま30分を消化したという感じ。不完全燃焼のレースとなってしまった」


大河原功次選手談(19位/10位)
「今回は抜きづらく、自分の持ち味である粘り強さを発揮するのに適したコースなので、スタートで先行してトップグループに入り、後半勝負する展開をイメージしていた。しかしヒート1はスタート後の1コーナーで他車と接触して転倒し、全く自分のレースができなかった。ヒート2はまずまずのスタートができ、体力的には問題なかったし、イメージどおりの展開となったが、バトルのなかでラインをみたり、考える時間を作れず、順位を下げてしまった。ここまで3戦を終え、成績は満足できるものではないが、転倒などをしながらも大きな怪我がないだけ良かった。しかし今後は結果にこだわったレースをしたいし、チャンスも必ずあると思うので、もっと厳しい状況のなかでの練習やトレーニングを行ない、今の状況を打開していきたいと思う」


光安鉄美監督談
「コースの特徴として無理ができず、豪快に攻めることができないコースということで、スタートが非常に大事になるレースだったが、成田選手は先頭ではなくとも、常にトップを狙える位置でスタートができること、そしてヒート2のように、熱田選手や増田選手といったライバルに追われながらもトップをキープできる精神的なタフさは本当に素晴らしい。現在は4連勝中だが、今に満足することなく、今後も勝ち続けられるように努力を続けてほしい。一方、小池田選手、出原選手、釘村選手は表彰台には届かなかったが、ヒート2で激しいバトルをみせてくれたように、それぞれが積極的なレースをしてくれたと思う。小池田選手はもちろん、出原・釘村両ライダーも表彰台を狙える力はあるので、今後のレースを期待したい」



順 位

ライダー

チーム

マシン

タイム

1

成田 亮

Jubilo RT

Yamaha

32'52.139

2

溝口 哲也

K.R.T.

Kawasaki

32'53.518

3

熱田 孝高

TEAM HRC

Honda

32'57.392

4

小池田 猛

Jubilo RT

Yamaha

32'57.729

5

加賀 真一

Team SUZUKI

Suzuki

33'08.410

6

福留 善秀

TEAM HRC

Honda

33'10.825

7

出原 忍

Jubilo RT

Yamaha

33'11.223

8

中山 裕

Team SRP

Suzuki

33'12.895

9

平塚 雅樹

グリーンクラブパーク神戸RT

Kawasaki

33'14.990

10

釘村 太一

Jubilo RT

Yamaha

33'19.933

11

高須 庸市

Team SSC with XP

Suzuki

33'24.190

12

高濱 龍一郎

Honda DREAM RT

Honda

33'29.269

13

小川 裕紀

グリーンクラブパーク神戸RT

Kawasaki

33'34.725

14

戸田 蔵人

Team SUZUKI

Suzuki

33'37.271

15

北居 良樹

Team SRM

Suzuki

33'53.415

16

大薮 逸人

グリーンクラブ&ジュニアライダーズ

Kawasaki

34'00.505

17

吉田 勝

グリーンクラブ&パーク神戸RT

Kawasaki

33'03.097(-1L)

18

沼田 誠司

TEAM JUDGEMENT

Honda

33'17.138(-1L)

19

大河原 功次

大河原レーシング

Yamaha

33'44.822(-1L)

20

鈴木 伸也

SRFスポーツ東北&SHOEI岩手

Suzuki

33'47.537(-1L)



順 位

ライダー

チーム

マシン

タイム

1

成田 亮

Jubilo RT

Yamaha

33'02.245

2

増田 一将

TEAM HRC

Honda

33'03.496

3

熱田 孝高

TEAM HRC

Honda

33'18.916

4

溝口 哲也

K.R.T.

Kawasaki

33'20.676

5

福留 善秀

TEAM HRC

Honda

33'24.819

6

出原 忍

Jubilo RT

Yamaha

33'25.738

7

釘村 太一

Jubilo RT

Yamaha

33'26.917

8

小池田 猛

Jubilo RT

Yamaha

33'30.474

9

平塚 雅樹

グリーンクラブパーク神戸RT

Kawasaki

33'32.296

10

大河原 功次

大河原レーシング

Yamaha

33'32.619

11

北居 良樹

Team SRM

Suzuki

33'42.439

12

中山 裕

Team SRP

Suzuki

33'43.795

13

高須 庸市

Team SSC with XP

Suzuki

33'45.559

14

戸田 蔵人

Team SUZUKI

Suzuki

34'03.855

15

大薮 逸人

グリーンクラブ&ジュニアライダーズ

Kawasaki

34'23.626

16

小川 裕紀

グリーンクラブパーク神戸RT

Kawasaki

33'18.423(-1L)

17

加賀 真一

Team SUZUKI

Suzuki

33'54.041(-1L)

18

吉田 勝

グリーンクラブ&パーク神戸RT

Kawasaki

33'59.730(-1L)

19

今井 隆充

オーナメント・グラスライダース

Suzuki

34'00.952(-1L)

20

片平 竜英

モトハウスレースチーム

Yamaha

34'02.206(-1L)



順 位

ライダー

マシン

ポイント

1

成田 亮

Yamaha

140

2

熱田 孝高

Honda

130

3

小池田 猛

Yamaha

102

4

増田 一将

Honda

92

5

溝口 哲也

Kawasaki

86

6

出原 忍

Yamaha

85

8

釘村 太一

Yamaha

70

9

大河原 功次

Yamaha

63

17

辻 健二郎

Yamaha

25

25

片平 竜英

Yamaha

6



本文はここまでです このぺージの先頭へ

関連メニュー


ご利用規約 | 推奨環境・プラグイン | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問合せ