本文へ進みます
ページの先頭へ戻ります

ヤマハ発動機株式会社

ここから本文です

レース結果

レース結果(リザルト)とレースの展開をレポート形式でご覧いただけます。


■大会名称:2007全日本モトクロス選手権第2戦近畿大会
■開催日:2007年4月8日(日)
■天候:晴れ ■観客:14,574人
■開催クラス:IA1クラス
■レース時間:(30分+1周)×2ヒート
■会場:奈良県・名阪スポーツランド



成田完全優勝を逃すも
1/2位で総合優勝を獲得!

2007年全日本モトクロス選手権シリーズ・第2戦近畿大会が4月8日(日)、名阪スポーツランド(奈良県)にて開催された。 土曜日の雨天から一転し好天に恵まれた決勝。コースサイドにはヤマハファンが集結、サックスブルーのフラッグが揺れ、多くの声援がおくられた。その応援に応えるようにヒート1では、YZ450FMを駆る成田亮が好スタートから2番手でレースを展開。5周目に首位に立つとそのまま他を寄せ付けず優勝。ヒート2ではトップで最終ラップを迎えたがかわされ2位でフィニッシュとなったが、総合では1位を獲得。ランキングでも首位に立った。

ヒート1、ホールショットは小島庸平(S)、これに成田、北居良樹(S)、大河原功次、出原忍が続く。2周目、トップの3人の順位は変わらなかったが、4番手以下には、出原、大河原、勝谷武史(H)、釘村太一が続く。
トップ争いは序盤から成田が小島の背後に迫り、小島がそれを抑える激しいマッチレースとなるが、5周目に成田がトップに浮上。その後数周は小島もついてくるが、成田は徐々にその差を広げレース中盤に独走態勢を築くと、そのままファーストチェッカー。今シーズン2度目のヒート優勝を飾った。2位以下は、ラストラップで小島と熱田によるバトルとなるが、熱田を押さえた小島が2位、熱田が3位となった。
一方好スタートを切った出原は、序盤は4番手をキープし前方の北居を追う。しかし後方からの追い上げを受け11周目に6番手へ後退。その後は溝口、釘村、大河原とグループを形成しバトルとなるが、順位をキープして6位、釘村が7位、大河原が8位となった。また、小池田は1周目に転倒し、そのままリタイアとなった。

ヒート2、ホールショットは小島、これに熱田、小川裕紀(K)、出原が続く。ヒート1で優勝した成田は8番手あたりで1コーナーをまわるが、2周目には小島、熱田、高濱龍一郎(H)に続く4番手に浮上し上位を追う。
序盤はトップの2人が後方を少しずつ引き離しながらレースを展開。これに対し成田は高濱をかわすことができずにその差を広げられるが、6周目に3番手に上がると、着実にその差を縮めていく。
そうしたなか、8周目に熱田が小島をかわしてトップに浮上。成田も10周目に小島をかわすとそのまま熱田の後方へピタリとつけ、12周目にトップを奪う。
ここから成田と熱田の壮絶なバトルがスタート。順位の変動こそないものの、成田は熱田を引き離すべく、熱田は先行を狙い、ひとつのミスも許されない緊迫したバトルを展開する。そして迎えたラストラップ。勝負はフープスで決する。ここで熱田が成田に並ぶと、フープスを終えた後のコーナーで熱田がインを突き成田をかわす。これに対して成田も再度最終コーナーで勝負に出るが、熱田がこれをブロックし、熱田、成田の順でチェッカーとなった。
4番手でスタートを切った出原は、序盤で2つ順位を落として6番手となるが、ラストラップで高濱を捉え5位。1周目16番手と出遅れた小池田は、その後順位を上げ11位。大河原は11周目13番手走行中に転倒して順位を落とし18位。釘村はマシントラブルでリタイアとなった。



成田亮選手談(1位/2位/総合1位)
「ヒート1は小島選手の後方2番手でスタート。様子をみてかわしやすいところを探してかわし、その後はミスのないよう自分のペースで走った。ヒート1は熱田選手が遅れていたこともあったが、先行逃げ切りの理想的なレースだったといえる。ヒート2は、スタートで遅れ、小島選手、熱田選手に逃げられないよう順位を上げたかったが、ペースが上がらずそれが焦りとなり追い上げに時間がかかってしまった。しかし3番手になってからは、差が徐々に詰まっていることを確認できたので、焦りも消えて確実に走ることができた。トップヘ浮上した後は、熱田選手との差をできるだけ広げたかったので一生懸命に走ったが思うように離せず最終ラップまでもつれ込んだ。実はかわされる前にミスをし、その時にはなんとかトップを守ることができたが、これで差が詰まり結果的に逆転につながってしまった。自分はフープスを普通に3-3-2で飛んだのだが、熱田選手が最初を4つで飛ぶ賭けにでて、これを成功させて並ばれ、次のコーナーでインをさされた。レース終了後は動くことができないくら悔しさで一杯だった。しかし結果はどうであれ、たくさんのファンの声援に応えられるレースができて良かったと思っている」


小池田猛選手談(DNF/11位/総合17位)
「ヒート1での転倒は、ジャンプしたときにマシンが不意に横になって押さえきれずに起った。そこに後方のライダーが落ちてきてマシンが破損し、身体も打撲があったのでリタイアした。ヒート2は若干身体に痛みはあったが、走れない状態ではなかったので出走した。しかしスタートで遅れてしまい、その後も上手く挽回することができず11位となってしまった。開幕戦の時にも言ったが、緊迫した場面になると入りたいラインに入れないなど、まだマシンを上手く扱うことができず、自分の乗り込み不足を強く感じた。次回のレースまで時間があるので、身体を休め、乗り込みをし力をつけて臨みたいと思う」


出原忍選手談(6位/5位/総合4位)
「今回のレースはセッティングが上手く煮詰まらず、苦労するかと思っていたが、まずまずの成績を上げることができたのでホッとしている。ヒート1では序盤4番手を走っていたので、表彰台も狙えると思っていたが、やはり無理していた部分もあり、追い上げてきたライダーを押さえられず順位を落としてしまった。その後はリズムを掴んでポジションを守ることができた。ヒート2はセッティングを変更しこれが上手くいって結果は5位となった。前半はライン取りが上手くいかず、順位を落としてしまったが、後半は上手く修正でき、最終ラップに1つ順位を上げることができた。2戦を終え、走りもマシンも徐々に上向いており、昨年よりも順調なスタートが切れているので、3戦では表彰台を狙っていきたいと思う」


釘村太一選手談(7位/DNF/総合14位)
「ヒート1ではスタートはまずまずだったが、序盤にポジションを落としてしまった。その後は、出原選手、大河原選手らとバトルとなり、順位は大きく変わらなかったが、レースの様々なシーンを経験し、開幕で得られなかったレース感を取り戻せたと思う。ヒート2では、スタートで遅れてしまいその後トラブルでリタイアとなってしまった。結果こそ満足できないが、まずはレースができたので、次は今回の経験をいかして成績を残せるようがんばるだけだ」


大河原功次選手談(8位/18位/総合12位)
「ヒート1では、スタートは良かったけれど、その後すぐに数台にかわされてしまい、そこで気持が折れてしまった。だから後半数台でバトルとなった時も、攻めよりも守りの比重が強くなり、アクションを起こせぬまま8位でフィニッシュとなった。ヒート2はスタートで出遅れてしまい後方からの追い上げとなったが、その焦りからミスも多くなって転倒してしまった。走り自体や体調は良い状態なので、後は戦う気持ちをどれだけ高められるかが浮上の鍵だと思う。次のレースでは、戦う気持を作って結果にこだわって勝負したい」


光安鉄美Jubilo Racing Team監督談
「成田選手のヒート1は、熱田選手が中盤にペースが上がらず、後半に追い上げてこなかったこともあるけれど、危なげない理想的なレースを見せてくれた。ヒート2はスタートで遅れ、熱田選手が先行していたし、名阪のコースが後方からの挽回が難しいコースなのでトップまで辿り着くのは難しいと思ったが、その予想を覆してトップに立ったのは、成田選手の精神的強さと、技術の高さを証明した。さらに結果は2位だったが、ファンのみなさんにとって見応えのあるレースを披露してくれた。我々の目標は勝利であるが、そのなかで感動を与えていくことも目標のひとつであるので、良かったのではないだろうか。それに結果も総合優勝ということで、監督しては満足している。次回も、勝利と感動を目指しチーム一丸となって戦うので楽しみにしていてほしい」



順 位

ライダー

チーム

マシン

タイム

1

成田 亮

Jubilo RT

Yamaha

33'27.803

2

小島 康平

Team SUZUKI

Suzuki

33'36.822

3

熱田 孝高

TEAM HRC

Honda

33'36.217

4

増田 一将

TEAM HRC

Honda

33'48.697

5

北居 良樹

Team SUZUKI

Suzuki

33'53.559

6

出原 忍

Jubilo RT

Yamaha

34'12.441

7

釘村 太一

Jubilo RT

Yamaha

34'14.012

8

大河原 功次

大河原レーシング

Yamaha

34'14.505

9

加賀 真一

SRF K&S SUZUKI

Suzuki

34'14.736

10

田中 教世

グリーンクラブTEAM TAKASE

Kawasaki

34'27.171

11

溝口 哲也

K.R.T

Kawasaki

34'39.623

12

戸田 蔵人

Team SUZUKI

Suzuki

34'41.552

13

高濱 龍一郎

Honda DREAM RT

Honda

34'49.463

14

小方 誠

TEAM HAMMERホンダ学園

Honda

34'50.473

15

芹沢 直樹

Team CRF&Carlife

Honda

33'28.439(-1L)

16

鈴木 友也

TEAM BSS

Yamaha

33'47.061(-1L)

17

平塚 雅樹

グリーンクラブパーク神戸RT

Kawasaki

34'09.578(-1L)

18

沼田 誠司

TEAM JUDGEMENT

Honda

34'46.279(-1L)

19

片平 竜英

モトハウスレースチーム

Honda

34'52.594(-1L)

20

今井 隆充

グラスライダーズwithCO9BIT

Suzuki

35'17.396(-1L)

29

小池田 猛

Jubilo RT

Yamaha

(-18L/DNF)



順 位

ライダー

チーム

マシン

タイム

1

熱田 孝高

TEAM HRC

Honda

33'09.944

2

成田 亮

Jubilo RT

Yamaha

33'10.542

3

小島 康平

Team SUZUKI

Suzuki

34'02.935

4

加賀 真一

SRF K&S SUZUKI

Suzuki

34'12.988

5

出原 忍

Jubilo RT

Yamaha

34'16.907

6

高濱 龍一郎

Honda DREAM RT

Honda

34'19.805

7

田中 教世

グリーンクラブTEAM TAKASE

Kawasaki

34'23.041

8

北居 良樹

Team SUZUKI

Suzuki

34'28.851

9

小方 誠

TEAM HAMMERホンダ学園

Honda

34'30.929

10

戸田 蔵人

Team SUZUKI

Suzuki

34'41.475

11

小池田 猛

Jubilo RT

Yamaha

34'49.935

12

平塚 雅樹

グリーンクラブパーク神戸RT

Kawasaki

35'08.775

13

小川 裕紀

グリーンクラブパーク神戸RT

Kawasaki

33'23.173(-1L)

14

芹沢 直樹

Team CRF&Carlife

Honda

33'36.046(-1L)

15

増田 一将

TEAM HRC

Honda

33'44.329(-1L)

16

溝口 哲也

K.R.T

Kawasaki

34'46.146(-1L)

17

鈴木 友也

TEAM BSS

Yamaha

33'49.344(-1L)

18

大河原 功次

大河原レーシング

Yamaha

34'09.367(-1L)

19

片平 竜英

モトハウスレースチーム

Honda

34'18.988(-1L)

20

沼田 誠司

TEAM JUDGE MENT

Honda

34'22.306(-1L)

30

釘村 太一

Jubilo RT

Yamaha

(DNF)



順 位

ライダー

マシン

ポイント

1

成田 亮

Yamaha

94

2

熱田 孝高

Honda

92

3

小島 庸平

Suzuki

71

4

出原 忍

Yamaha

54

4

高濱 龍一郎

Honda

54

4

加賀 真一

Suzuki

54

12

大河原 功次

Yamaha

39

13

小池田 猛

Yamaha

36

18

釘村太一

Yamaha

14

19

鈴木友也

Yamaha

13



本文はここまでです このぺージの先頭へ

関連メニュー


ご利用規約 | 推奨環境・プラグイン | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問合せ