本文へ進みます
ページの先頭へ戻ります

ヤマハ発動機株式会社

ここから本文です

レース結果

レース結果(リザルト)とレースの展開をレポート形式でご覧いただけます。


■大会名称:MotoGP第9戦イギリスGP
■開催日:2005年7月24日(日)
■開催地:イギリス/ドニントンパーク(1周4.023km)
■観客:118,000人
■周回数: 29周(116.667km)
■コースコンディション:ウエット
■気温:15度 ■路面温度:13度
■PP:V・ロッシ(ヤマハ/1分27秒897)
■FL:V・ロッシ(1分45秒377)



 雨中のサバイバル戦をロッシが制す!エドワーズは4位!

【レース展開】 ウエット路面でのサバイバル戦となった29周の決勝は、終盤先行するバロス(H)を抜いて22周目からトップに浮上したロッシ(Y)が優勝、今季7勝目を飾った。チームメイトのエドワーズ(Y)は4位でフィニッシュした。

 レースは序盤から波瀾の展開。序盤はジベルナウ(H)がトップに立ちリードするが、各ライダーとも前車の水しぶきの中に突っ込んでいく厳しいバトルとなる。この中で、各主力選手が次々とウエット路面の足をすくわれ戦線を離れる。2周目にチャウス(Y)が転倒、3周目にメランドリ(H)、ベイリス(H)、ヘイデン(H)が転倒。4周目にはジベルナウ(H)、ビアッジ(H)、中野真矢(K)が転倒。ロッシはスタートで出遅れて7番手まで後退したものの、4周目までに挽回。ジベルナウの転倒で4周目にロッシはトップに立つが、5周目にバロスがトップを奪う。オーダーが落ち着いてきたのは8周目頃からで、この周トップはバロス、以下ケニー(S)、ロッシ、エドワーズ。

 この4人の争いは1〜2秒の間隔の接近戦で中盤から後半へ。ロッシは滑りやすい路面の中、ステップから足を踏み外すシーンやブレーキングミスで一時4番手まで後退することもあったが、14周目には2番手まで挽回。14周目以後はバロス、ロッシ、ケニー、エドワーズの順番で48秒〜49秒台ペースのラップ。ややエドワーズは間隔をあけるも4位をキープして走行。そして終盤22周目にバロスを抜きトップを奪い返したロッシは、続く23周目に46秒台、24・25周目に45秒台を連発し2番手以下を引き離す。ラ スト3周となった27周目には8秒のリードを築くと29周目の最終周は52秒台にペースダウンする堅実走行で、両手を挙げてトップでチェッカーを受けた。なお最終ラップにバロスを抜いたロバーツが2位。エドワーズは4位でフィニッシュしてランキング3位に浮上。エリアス(Y)は9位。終わってみれば、出走21台中完走11台という文字通りのサバイバル戦のUKGPとなった。



V・ロッシ選手談(優勝)
「今までで最も難しいレースのひとつ。コンディションがひどすぎた。とても寒くて、コースはスリッピー。僕の目の前でビアッジが、さらにジベルナウが転倒。大勢がミスをする難しい状況だったので、まず落ち着くことを心がけ、リズムの良いアレックスについていくことにした。それでもシケインでミスをしてブレーキをロックさせてしまったんだ。タイヤと路面との間に大量の水があって、しょっちゅうにリアがスピンしフロントがロックした。今日はバイクじゃなくてボートに乗っているような気分だったよ。今朝のウォームアップのわずか20分の間に、チームがウエットのセッティングを仕上げてくれたおかげで好タイムも出た。きのうのベストラップを見た時にバイオリンのシンプォニーのように完璧だと思ったので、今日はゴールラインでそれを真似てみたんだ」


C・エドワーズ選手談(4位)
「ウォームアップのあと少し落ち込んだ。スプリングのセッティングを変更したが、それが良かったかどうか確信がなかったんだ。決勝はサバイバルゲームになった。スタートはあまりうまくいかなくて、序盤のペースもスローだったがすぐにタイムも上がりいいバトルができた。ストレートでブレーキングした時にフロントがロックした。ラスト12周でまた危ない場面があり危うく投げ出されそうになったので、その後はトップの展開を待つことにした。終盤はチェカが追い上げてきたのでそちらに集中した。表彰台に上れなかったのは残念だが、ポイント争いで3位に浮上できたのは良かった」


T・エリアス選手談(9位)
「「スタートがうまくいかずホプキンスに追突されてしまったが、その後はペース良く数台をパスできた。でも雨があまりにも激しくてほとんどグリップせず、何度か危ない目にあったあとはチェカとカピロッシについていくことにした。完走し、しっかりポイントを獲ることが一番重要だ」


R・チャウス選手談(リタイヤ)
「トップ10に入っていたのに残念だ。コンディションは最悪で、前がほとんど見えなかった。今回は難しいレースになってしまったが、これからもこのペースで仕事を続けていく」


YZR-M1プロジェクトリーダー・中島雅彦談
「ここドニントンパークはウエット路面では最も難しいサーキットであり、出走21台中10台がリタイヤするサバイバルレースの中、比較的順調な仕上がりを見せたロッシ、コーリンの両選手が滑りやすい路面をうまくコントロールしてすばらしいパフォーマンスを見せてくれたと思います。R.チャウス選手は惜しくもリタイヤとなりましたが、T.エリアス選手はトップ10に入り、雨のレースでの信頼性を確認できたことはヤマハにとっては大きな成果です。チャンピオンシップポイントの上でもロッシ選手がさらにリードを拡大し、コーリン選手は3位まで上がってきました。シーズンは折り返し点を過ぎたところです。さらに気を引き締めて頑張りますので、引き続きご声援のほどよろしくお願いいたします」



順 位

ライダー

チーム

マシン

タイム

1

V・ロッシ

Gauloises Yamaha Team

Yamaha

52'58.675

2

K・ロバーツ

Team Suzuki MotoGP

Suzuki

+3.169

3

A・バロス

Camel Honda

Honda

+4.006

4

C・エドワーズ

Gauloises Yamaha Team

Yamaha

+10.292

5

C・チェカ

Ducati Marlboro Team

Ducati

+13.020

6

L・カピロッシ

Ducati Marlboro Team

Ducati

+23.321

7

玉田誠

Konica Minolta Honda

Honda

+37.833

8

A・ホフマン

Kawasaki Racing Team

Kawasaki

+44.617

9

T・エリアス

Fortuna Yamaha Team

Yamaha

+1lap

10

R・ロルフォ

D’Antin MotoGP Pramac

Ducati

+1lap

11

J・ホプキンス

Team Suzuki MotoGP

Suzuki

+2laps





順 位

ライダー

マシン

ポイント

1

V・ロッシ

Yamaha

211

2

M・メランドリ

Honda

107

3

C・エドワーズ

Yamaha

106

4

M・ビアッジ

Honda

100

5

S・ジベルナウ

Honda

95

6

A・バロス

Honda

90

13

R・チャウス

Yamaha

33

17

T・エリアス

Yamaha

25



順 位

コンストラクター

ポイント

1

Yamaha

215

2

Honda

182

3

Kawasaki

83

4

Ducati

75

5

Suzuki

55

6

Blata WCM

4

本文はここまでです このぺージの先頭へ

関連メニュー


ご利用規約 | 推奨環境・プラグイン | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問合せ