第8戦 イギリスGP
■開催日:2002年7月14日(日)■開催地:イギリス/ドニントン(1周4.023Km)
■周回数:30周(120.69km)■天候:ドライ26度■路面温度:33度■観客:60,000人
■PP:V.ロッシ(ホンダ/1分31秒563)■FL:V.ロッシ(1分32秒247)


2位表彰台を獲得したビアッジ


ビアッジ2位!
チェカは首位走行中に転倒


 マールボロ・ヤマハ・チームのC.チェカは、V.ロッシ(ホンダ)を抑えてトップに浮上。速さに勝るチェカは今季初優勝を目指して順調に走行していたが、18周目、最終ヘアピンでギャップに乗り転倒。再スタートしたものの1ラップ後にリタイアした。優勝はロッシ。M.ビアッジが2位を獲得した。
 3位にはA.バロス(ホンダ)、阿部典史(アンテナ3ヤマハ・ダンティン)が4位、O.ジャック(ゴロワーズ・ヤマハ・テック3)が5位で続いた。
 レッドブル・ヤマハWCMのJ.ホプキンスは、オープニングラップで危うく転倒しそうになり13位まで順位を下げたあと8位まで挽回。P.リーバは予選中の転倒で負傷しており欠場した。



M.ビアッジ選手談:
「全力を出し切ったから満足だ。グリッドは2列目だったがスタートがうまくいったので、まずレースのペースをコントロールすることが出来た。カルロスとロッシはとくに高速セクションで速かったが、最後まで離されずについていった結果が今回の2位獲得につながった。このところ体調が悪く体力が低下していた。そのことを考えれば十分な成績だ」

C.チェカ選手談:
「とても順調に走っていた。しかもガソリンが減ってきて、さらに良くなっていたところだった。自分ではまだ余裕もあったんだ。ところが、あの瞬間はいつもよりも強くフロントブレーキをかけてしまい転倒した。気持ちがとても充実していて、良い走りができていただけに悔しい」

依田一郎YZR-M1プロジェクトリーダー談:
「カルロスは優勝を目指してかなりハードに攻めていた。だから転倒した。私は彼のそうしたモチベーションを評価しており、今日のパフォーマンスも素晴らしかったと思う。マックスもまたいい走りをした。これまでの2レースは楽な戦いではなかったが、今回は彼自身、自信をもって臨んでいたようだ」

阿部典史選手談:
「スタートが悪く出遅れたが、ブレーキングで多くのライダーをパスして挽回することができた。マシンはパーフェクト。パッシングが今日ほどうまくいった日はない」

O.ジャック選手談:
「走っているうちに、どんどんマシンの調子が上がっていった。いい走りが出来て、いいバトルが出来たので、この2日間に悩まされた問題が気にならないほどだった。フロントに不安定さがあったが、激しいバトルのなかで克服し、ジベルナウを抑えることが出来た」

中野真矢選手談:
「スタートがうまくなかったので序盤で遅れてしまった。4ストローク車のグループに抑えられてしまった格好になったが、ペースをつかんでからは順調に挽回できた」

J.ホプキンス選手談:
「シケインで青木をパスした。次の瞬間にレースが終わっていた……走りに集中していたため、ラストラップだったことに気づかなかったんだ。バイクは絶好調だった。ただオープニングで大勢に抜かれてしまったことが悔やまれる」

G.マッコイ選手談:
「やっと完走できた。それに単独走行でなくバトルができたので気分がいい。終盤はタイヤのたれが心配されたので、とにかくスムーズなライディングを心がけ、最後まで走りきった」


第8戦 イギリスGP決勝結果

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 V. ロッシ Repsol Honda Team Honda 46'32.888
2 M. ビアッジ Marlboro Yamaha Team Yamaha +2.371
3 A. バロス West Honda Pons Honda +5.533
4 阿部典史   Antena3 Yamaha D'antin Yamaha +22.036
5 O. ジャック Gauloises Yamaha Tech 3 Yamaha +28.087
6 S. ジベルナウ   Telefonica Movistar Suzuki Suzuki +28.400
7 加藤大治郎 Fortuna Honda Gresini Honda +28.947
8 J. ホプキンス Red Bull Yamaha WCM Yamaha +31.497
9 青木宣篤 Proton Team KR ProtonKR +31.947
10 中野真矢 Gauloises Yamaha Tech 3 Yamaha +41.454
11 原田哲也 Pramac Honda Racing Team Honda +49.458
12 G. マッコイ Red Bull Yamaha WCM Yamaha +53.709
13 粱明   Team Suzuki Suzuki +54.480
14 K. ロバーツ Telefonica Movistar Suzuki Suzuki +54.594
15 J. v. d. グールベルグ Kanemoto Racing Honda +54.866
16 R. ラコーニ MS Aprilia Racing Aprilia +55.525
17 A. ホフマン West Honda Pons Honda +1'5.901

 



ポイントランキング
順位 ライダー マシン POINT
1 V.ロッシ Honda 195
2 宇川徹 Honda 108
3 M.ビアッジ Yamaha 89
4 A.バロス Honda 87
5 C.チェカ Yamaha 72
6 阿部典史 Yamaha 72
250ccクラス | 125ccクラス

Copyright(C) YAMAHA MOTOR CO.,LTD. All rights reserved.